Skip to main content Skip to Footer

IT人財育成とITコスト最適化

FSアーキテクト Vol.26:アプリケーション開発・保守業務などのITコストの内製化比重を高める金融機関が増えてきている。アクセンチュアが考える内製化推進のアプローチと要諦を紹介します。

テクノロジー コンサルティング本部
シニア・マネジャー
武内 利浩

 武内 利浩 

「アプリケーション開発・保守業務の外注・内製間のバランスを如何に最適化していくべきか?」 - 企業が自社のIT戦略・ソーシング戦略を検討する際の重要論点の一つであり、永遠のテーマでもある。

様々な外部環境・内部環境の変化が複雑に絡み合う中で、時代の流れと共にその解も形を変えていくものであるが、近年、アプリケーション開発・保守業務の内製化比重を高めていく方向に舵を切る企業が増えてきている。

本稿では、こうした内製化ニーズの高まりにある背景を検討した上で、弊社が考える内製化推進のアプローチと要諦、および内製化推進パートナーとして提供し得るサービスを紹介したい。

(関連リンク)