Skip to main content Skip to Footer

証券業界の戦略的アウトソーシング ~グローバル・構造改革・IT社員育成

ITコスト削減の施策として効果を上げ始めているのがアプリケーション・アウトソーシングである。証券会社のアプリケーション・アウトソーシングの戦略的な活用について考察します。FSアーキテクト Vol.26。

アウトソーシング本部
シニア・マネジャー
矢野 太郎

 矢野 太郎

リーマンショック後の市況の低迷により多くの証券会社は苦境を味わって来た。昨今においては、人員削減が功を奏し、収益を回復した証券会社もあるものの、ヨーロッパを発端とした通貨危機により、今後の見通しは明るくない。

そのような状況の中、ITコスト削減の施策として効果を上げ始めているのがアプリケーション・アウトソーシングだ。これは、オフショアを活用したアウトソーサに複数の既存ベンダからの業務を一括して巻き取ってもらい、中長期にわたり、ITコストの削減を狙う施策であるが、昨今ではアウトソーサの高度化が進んでおり、単なるコスト削減のツールとして活用するだけではなく、より戦略的な活用を行うことで、更なるコスト削減、IT社員のスキル向上につなげる動きも出始めている。今回はその戦略的な活用について考察する。

(関連リンク)