Skip to main content Skip to Footer

損害保険業のIT効率化に向けて

FSアーキテクト Vol.25:長引く不況の中、損害保険業界では経営の効率化が求められている。効率化のための手段として、契約管理パッケージ・ソフトウェア活用の可能性を探ります。

テクノロジー コンサルティング本部  
シニア・マネジャー
保険業担当 
藤田 秋生

 藤田

長引く不況の中、損害保険業界では保険料収入の伸び悩みが続いており、経営の効率化が求められている。これまでも、合併・経営統合やITを活用した効率化を実現してきているが、さらなる効率化のための手段として、弊社の契約管理パッケージ・ソフトウェア活用の可能性を探る。

(関連リンク)