Skip to main content Skip to Footer

オペレーショナル・エクセレンスを実現するには

オペレーショナル・エクセレンスを実現し、化学業界でグローバルに成功するための5つの条件をアクセンチュアが特定しました。

概要

化学業界が不況を超えて再び勢いを取り戻すべく、ハイパフォーマンスを目指す化学企業はオペレーショナル・エクセレンスの実現に注力しています。アクセンチュアではオペレーショナル・エクセレンス実現のために必要な5つの条件を特定しました。

2.6兆ドル規模の化学業界は、かつての勢いを取り戻し、収益力を回復させる方法を模索しています。景気後退後の「ニューノーマル」と称されるグローバルな経済状況において、化学業界でハイパフォーマンスを達成するためには以下のような課題に立ち向かう必要があります。

  • 欧米の市場は飽和状態にあり、M&Aが進む要因となっている。

  • 急成長する新興市場が新たな競合他社を生み出し、既存のビジネスモデルによる成熟市場における競争も激しさを増している。

  • 変動する原材料価格が計画策定に影響し、迅速な対応が必要になる。

  • サステナビリティに関する問題がコストを押し上げ、オペレーション面での見直しが必要になる。

  • 熟年労働者の定年退職が進む中、若年労働者の目は他の業界に向いているため、化学業界の労働人口が減少している。




分析



アクセンチュアが行った調査および知見から、こうした課題を克服するには、オペレーションへの明確なフォーカスが必要であることがわかっています。特に、化学企業はオペレーションに関する以下の5つのポイントを正確に理解する必要があります。

  • 自社の競争優位特性を確立する
    「競争優位特性」とは、他のどの会社と比べても見劣りしない、自社の得意分野のことです。これをオペレーションに活かして、継続的に競争力を生み出す必要があります。

  • 競合他社より優れた組織を構築する
    企業の組織構造を競争優位特性に合わせて調整する必要があります。これを適切に行うためには、多くの場合、変革プログラムの策定が必要となります。競合他社を凌ぐ実行力を発揮する。優れた実行力は多くの業界で注目されており、ビジネスプロセスまたは製造プロセスあるいはその両方の標準化が必要であり、サイクルタイムを短縮してスピードを高め、管理を徹底して結果を出すことが必要です。

  • 組織面と実行面で変革をどのような割合で進めるべきかを把握しておく
    適切にバランスを保つことは極めて難しく、昨今の世界的危機の中で、多くの企業がこの問題に取り組んでいます

  • オペレーショナル・エクセレンスを実現するための「変革への旅」を見極める
    目的を認識しているだけでは不十分です。どのようにそこに至るのか、その一歩一歩が最終的なポジショニングに影響します。

3つのステップ

オペレーショナル・エクセレンスを実現すること、そしてハイパフォーマンス達成に向かって前進することとは、すなわち自社にとってベストの経路を決定することを意味します。効率性を個別に向上させるプログラムが最適なのでしょうか、あるいは複数年かけた大掛かりな取り組みが最適なのでしょうか。高いレベルでオペレーショナル・エクセレンスを実現する企業には、以下の3つのステップが重要になります。

  • 必要なオペレーティングモデルを評価する
    最初の「変革への旅」を開始するきっかけとなる課題を経営陣が明確に把握しておく必要があります。それから、現在のオペレーティングモデルを評価し、望ましいオペレーティングモデルの妥当性を確認します。

  • 適切な旅を現実的に選択する
    必要な「変革への旅」を判断するには、自社の現在の、そして将来のオペレーティングモデルを明敏な眼を持って分析することが重要になります。考慮すべき要素には、自社を特徴付ける要素だけでなく、その舵取りをする経営陣の性格などがあります。

  • うまく実行できる可能性を高める
    「変革への旅」を選択したら、成功する企業は、自社が成功する可能性を高める要素には細心の注意を払います。たとえばガバナンスや要員配置、インセンティブ、そしてプロジェクトの重要な節目を見極めたり、それに合わせて進捗状況を確認したりといったことがあります。

アクセンチュアは、化学業界に関して詳細に理解しているだけではありません。ハイパフォーマンスを目指して企業が取り組んでいるさまざまな戦略の一環としてオペレーショナル・エクセレンスの実現を支援してきた、数十年に及ぶ経験があるのです。