Skip to main content Skip to Footer

堅調に推移する2015年における日本でのフィンテック投資

アジア・パシフィック地域における投資額は前年比4倍以上に急増の見通し。金融機関が今押えておくべきは融資分野と決済分野のスタートアップ。注目領域は、「ブロックチェーン」、「クラウド」、「サイバーセキュリティ」。

概要

アジア・パシフィック地域の金融テクノロジー(フィンテック)投資は、2015年1月から9月の9か月間で約35億ドルに達し、2014年の約8.8億ドルから急伸しています。また、日本でのフィンテック投資も同期間において既に約4,400万ドルに達しており、2014年度の5,500万ドルに迫る勢いとなっています。

全文をPDFで読む [PDF, 382KB]

分析結果

アクセンチュア株式会社 執行役員 金融サービス本部 統括本部長の中野 将志は次のように述べています。「現在、銀行ビジネスへのフィンテック活用に関するご相談を数多くいただいています。2015年は、世界中で多くの金融機関がフィンテックのもつ潜在力の取り込みに動き始めたと言えます。」

アジア・パシフィック地域におけるフィンテック分野への投資の上昇傾向


日本におけるフィンテック分野への年度別投資額


2015年のアジア・パシフィック地域におけるフィンテック投資を分野別にみると、決済業務(40%)が最も高い比率を占め、次に融資業務(24%)と続いており、これまで銀行が独占していた領域での投資が大半を占めています。注目すべき案件としては、Alibaba Group Holdingsと関連会社Ant Financial Services Groupによるインドのモバイル決済プラットフォームPaytmへの出資があげられます。

注目分野

金融機関は「ブロックチェーン」、「クラウド」、「サイバーセキュリティー」分野に注目し続けるべき

  • ブロックチェーン
    アクセンチュアは、分散型記帳により仮想通貨や暗号化により安全が担保された金融資産の取引を支える基礎技術であるブロックチェーン分野で、フィンテック投資が今後、飛躍的に拡大すると予想しています。

  • クラウド
    金融機関でクラウド導入の機運が高まるにつれて、この分野への投資は拡大する傾向にあります。銀行はパブリッククラウドに格納可能なデータと、プライベートクラウドに格納すべきデータの選別を進めています。銀行は機密性の高い顧客データをプライベートクラウドに格納することで規制当局の要件を満たすと同時に、パブリッククラウドの効率性、柔軟性、オンデマンド性能、コスト削減といったさまざまなメリットを享受することができます。一方で、グローバルでビジネスを展開する金融機関には、いくつかの課題も残されています。その1つが、データのホスティングやプライバシーに関する政策が国ごとに異なっている点です。このことは、スタートアップにとってアジア・パシフィック地域の個々の市場に合わせたニッチなソリューションを開発する機会を生み出すことにもつながっています。

  • サイバーセキュリティー
    サイバーセキュリティー分野は2016年に大きな成長が予測されています。大規模な情報漏えいが大きく報道されるようになった近年では、サイバーセキュリティーは消費者からも大きな注目を集めています。アクセンチュアが5月に発行した「Accenture 2015 Global Risk Management Study」では、金融機関の10社に9社は、サイバーセキュリティーや詐欺といった新たなリスクへの対策として、今後2年間にリスク管理への投資を拡大する計画であることが明らかになっています。

結論

デジタルサービスへのニーズの高まりは今後、フィンテックの成長をさらに加速化させるでしょう。金融機関は、今、真のデジタル企業となるために選択を迫られています。即ち、新技術の活用や、ひいては業界に変革を巻き起こすために、自らデジタルの能力を構築または調達するか、あるいは第三者と組むか。このためには、アジア・パシフィック地域のフィンテック・スタートアップに目を向けることが重要です。

決済や融資、データ分析、ブロックチェーンなど、さまざまな領域でフィンテックの導入を進めることにより、金融機関は次世代の基盤となる機会を得ることが出来ます。スタートアップが促進するイノベーションを、金融機関自身が取り込むことが求められています。

全文をPDFで読む [PDF, 432KB]


(関連リンク)