Skip to main content Skip to Footer

デジタルな組織への転換:適切なデジタル戦略を素早く構築

経営幹部層には、デジタルがもたらす創造的破壊に迅速に対応し、勝利するための適切なデジタル戦略の実践が求められています。

概要

現代の経営幹部層にとって、デジタル・テクノロジーは新たな脅威と機会の源泉です。世界各国の700人の経営幹部層を対象に行ったアクセンチュア・ストラテジーの調査では、利益を伴う成長を阻む最大の脅威は、大規模なデジタル企業とスタートアップ企業であるという回答が大部分を占めました。

経営幹部層の多くは、業界における「デジタルリーダー」になることを目指しています。しかし、現時点でこの目標は必ずしも実践に移されてはいません。

この目標の実践に向けて、経営幹部層には以下の3点を踏まえた戦略的なアプローチが求められています:

  • 方向性は1つ、ただし目標までの過程は複層的に、緩急をつけて進める

  • 視野を広く持ち、いくつもの可能性を同時に探る

  • 明確な行動、理性的な実験

アクセンチュア・ストラテジーは、デジタルリーダーになるための条件と、確かなデジタル戦略の構築方法、価値と成長の改善に寄与するコンピテンシーを明らかにします。

『デジタルな組織へ:適切なデジタル戦略を素早く構築』をダウンロード  [PDF]
企業経営幹部の39%は、業界におけるデジタルリーダーになることを目指しています

主な知見

アクセンチュア・ストラテジーは、経営幹部層を対象にデジタル戦略へのアプローチに関する調査を行いました。その結果、未来のデジタルリーダーと、形勢をうかがう追随者の違いが明らかになりました。デジタルリーダーは共通して、以下の3つの重要な資質を備えています:

  • 成長へのフォーカス:デジタルリーダーは、デジタル戦略を収益拡大と新たなビジネスモデルを生み出すための源泉と捉えています。一方、追随者は短期的なコスト削減および効率性の改善に焦点を当てています。

  • 社外との連携: デジタルリーダーは極めて積極的に顧客やスタートアップ企業とのエンゲージメントの向上を図っています。一方、追随者は競合他社のアプローチを参考にしながら対処する傾向にがあります。

  • 俊敏性: デジタルリーダーは俊敏性と順応性を重視します。デジタル戦略の実践に向けてリーダーを任命し、新たなガバナンス体制を構築し、社外のパートナーを活用します。一方、追随者はデジタル分野への投資を部門ごとの計画として捉え、部門内での対応が当然と見なしています。

提言

経営幹部層は以下の4つを念頭に置きながら、明確なデジタル戦略を構築しなければなりません:

  • 目標は実践してこそ意味がある: 価値の創出を最優先の課題とする実践主義は、まさにデジタル戦略の要です。追随者として形勢をうかがうだけでは、デジタルリーダーになることはできません。

  • 継続的な変化への対応が成功をもたらす: デジタルリーダーは目標に焦点を定め、市場の変化の速さに合わせて、自社の変革力を活用します。一度に複数のイニシアチブを実践することにより、成功がバイラルに拡大し、俊敏性が培われるのです。

  • 組織の末端まで変化を浸透させる: 顧客体験はバックオフィスではなく、最前線で提供されるものです。人的資源とデジタル資源を組み合わせ、実験を繰り返すことによって、新たな働き方にリアルタイムで順応することが大切です。

  • 成果と体験を最重視する: 追求するべきものは何か、行動するべきタイミングはいつかを常に把握していれば、道に迷うことはありません。アイデアの80%は捨てる覚悟で、本当に価値のあるアイデアだけを育んでいかなければなりません。