Skip to main content Skip to Footer

TECHNOLOGY VISION 2017


本調査について

#TECHVISION2017

調査手法

エンタープライズ企業を変えるテクノロジートレンド

TREND 1 AIは新しいユーザーインターフェース
TREND 2 無限の可能性を持つエコシステム
TREND 3 人材のマーケットプレイス
TREND 4 “ひと”のためのデザイン
TREND 5 未踏の領域へ

テクノロジービジョン調査チームはアクセンチュア・リサーチと連携し、今後3年から5年のうちに企業、政府機関、およびその他の機関に最も大きな影響を及ぼすと予想される新たなIT分野の事象を毎年特定しています。

調査対象 5,400 名超のビジネスリーダー・ITリーダー

31か国5400名超のビジネスリーダー・ITリーダーを対象に、ビジネスにおけるテクノロジーの影響に対する見解や、今後数年のテクノロジー戦略や優先投資事項について調査しました。調査期間2016年11月~2017年1月

What's next
詳しく知る

詳しく知る

もっと読み込む

所要時間:約30分

テクノロジービジョン2017の5つのITトレンドとイノベーションを知ることで、インテリジェント・エンタープライズの時代においてイノベーションを起こし、企業を成功に導く方法が見えてきます。

エグゼクティブサマリーをダウンロード

詳細まで、具体的に

所要時間:約60分

英文フルレポート

先進的な事例や、具体的なアクションプランを含むフルレポートで、さらに詳しくテクノロジーのこれからを読み解きます

ダウンロード

What's next
“ひと”が主役

直近3年間のTECHNOLOGY VISION

以上のテーマは、変化し続けるデジタル環境へのアプローチとして、アクセンチュアが提唱する「“ひと”が主役」のコンセプトを新たに詳述したものです。

テクノロジーが企業に及ぼすインパクトについて、アクセンチュアでは数年先を見越した予測を行っています。その一環として、本レポートでは進化し続けるデジタル・カルチャーと、それが世界中の企業にもたらす課題と機会について論じました。今年のトレンドのいづれもが、昨年のトレンドと関連性を持ち、デジタルビジネスの成長を反映しています。

テクノロジーを“ひと”のために

"テクノロジーは驚くほどのスピードで進化し、次々と新たな機会を生み出し、私たちの想像力を押し広げることで、私たちが未来を切り開く支えとなっています。しかし、進化するテクノロジーに対応していくこと自体は簡単なことです。リーダーがこの新時代において、自らを差別化するためにより重要なのは、そのテクノロジーを“ひと”のために活用できること、つまり、テクノロジーに精通し、人間洞察力に優れ、顧客も従業員も含めた人がより多くを成し遂げるためにテクノロジー活用ができることにあります。"

ポール・ドーアティ、最高技術・イノベーション責任者(CTIO)