Skip to main content Skip to Footer

Digitally Enabled Grid 2017


アクセンチュア・デジタルグリッド調査 2017年

POWERSURGE AHEAD

配電事業者が分散型電源の脅威に打ち勝つ方法

世界のエネルギー・システムにおいて、分散型電源はますます重要な役割を担うようになっています。この背景には、各国のサステナビリティ実現に向けた課題やエネルギー自給への懸念、また経済性の更なる向上があります。

配電事業者は今後、分散型電源の統合とエネルギー転換をリードする、ある種の触媒としての役割を目指すべきだと考えられます。分散型電源の広がりは公益事業者にいくつもの課題を突きつける一方で、さまざまな機会ももたらします。

よりスマートな分散型電源の統合がもたらすメリットを享受できるのは、時代を先取りした未来への投資を実践できる公益事業者なのです。

 

アクセンチュア・デジタルグリッド調査2017について

アクセンチュアは201610月から20171月にかけて、スマートグリッド関連の意思決定プロセスに関与している世界23カ国公益事業者の経営層100人以上を対象にインタビューを実施しました。

 

POWER SURGE AHEAD 配電事業者が分散型電源の脅威に打ち勝つ方法

PDFをダウンロードする

関連コンテンツ