Skip to main content Skip to Footer

人事のデジタル化

人事部門においてデジタル化がどのように進んでいるのかがわかる、Software as a Service(SaaS)ベースの人材資本管理(HCM)アプリケーション活用における5つの重要トレンドをご紹介します。

Overview

これまでの人事部門は、基本的には企業内の他部門から距離をとった状態で人材の管理を行ってきました。しかし、Software as a Service(SaaS)ベースの人材資本管理(HCM)アプリケーションをはじめとするデジタル技術の進歩により、この状況は急速に変化しています。

このホワイトペーパーでは、アクセンチュアが考える、デジタルHCMソリューションの5つの重要トレンドをご紹介します。グローバルの幅広いプロジェクト経験、また、Workday、SAP/SuccessFactors、Oracleなど、業界最先端の有力ベンダーとのアライアンス関係から蓄積してきた知見をお役立てください。

ホワイトペーパー(全12ページ)をダウンロード [PDF]

人事部門はビジネス上の成果達成と組織変革を推進するために、ITシステムを主体的に活用しています。

Key Trends


トレンド1:デジタル化する人事
人事部門はビジネス上の成果達成と組織変革を推進するために、ITシステムを主体的に活用しています。


トレンド2:分権化する人事
デジタル化により、人事業務は各ビジネス部門の活動に組み込まれ、分権化されていきます。


トレンド3:ビジネスを理解する人事
デジタル化によって、人事部門は従業員データの発掘・分析を通じた知見をもち、より効果的に社内向け提案を「売り込む」ことを可能とします。


トレンド4:付加価値を生む人事
テクノロジーを使いこなすようになった人事部門は、ビジネスが戦略的なポジションをとるための支援ができるようになります。


トレンド5:経営に寄与する人事
人事部門は自社ビジネスの成長に必要不可欠な部署になっています。

Key Considerations

Software as a Service(SaaS)ベースの人材資本管理(HCM)アプリケーション導入成功のポイント:


自社のビジネスモデルを検討する

  • ファンクションやプロセスを継続的に見直し、SaaSの費用対効果を高める

  • ポリシーやプロセスチェンジの影響をチェックするガバナンス構造を確立する


複雑化を過小評価しない

  • 複雑な統合を構築、保持するための取り組みが必要

  • 標準的SaaSレポートとは異なる、カスタムレポートの特定、設計、構築


異なる導入手法

  • 寛容な視点を持ち、迅速に対応する

  • 「設計&構築」フェーズは反復的で柔軟性が高い、「テスト」フェーズは適応性があり継続的

  • 変更は導入後に迅速に行われる


ユーザー採用の向上

  • チェンジマネジメントによるアプローチを検討、必ずしも高コストであるとは限らない

  • 導入体制の整っていない環境では、フルセルフサービスのように、ファンクションを段階的に導入することにより導入に伴う影響を軽減する



Contact

より詳しい資料はこちら。クリックしていただくと資料をダウンロードします。

ホワイトペーパー(全12ページ)をダウンロード [PDF]

お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。

関連コンテンツ