2016年4月1日、電力の全面自由化がスタートし、再生可能エネルギーや蓄電池による電力の分散化、脱炭素化など、大きな変化に直面するエネルギー業界。デジタルトランスフォーメーションを加速させる目的でアクセンチュアと共同でK4 Digitalを設立した、関西電力の取り組みを稲田浩二氏に伺った。







DXへの取り組みで、ライバル企業を凌駕する

五十嵐デジタル技術は、さまざまな分野のビジネスに大きな変革をもたらしつつあり、エネルギー業界もその例外ではありません。

稲田おっしゃる通りで、ライバル企業を凌駕するスピードでデジタル技術を活用した変革、すなわちデジタルトランスフォーメーション、DXに取り組まなければならないと考えています。短期的には新規事業や新サービスの創出に影響を与えますし、既存事業の収益力向上にもプラスのインパクトをもたらすでしょう。また、中長期的には大規模電源・系統電力を中心とした、これまでのビジネスモデルに大きな脅威をもたらす可能性があると考えています。

五十嵐その中で2018年、岩根茂樹社長を委員長とするDX戦略委員会を立ち上げましたね。

稲田はい。これは企画部門とIT部門が協同事務局となって立ち上げました。各ビジネス部門がDXをベースに自らの事業のトップライン向上やコスト競争力強化に取り組む体制を整えました。

五十嵐DXを推進する組織を社内で出島のように独立させている企業もあります。

稲田我々は、DXは一部の組織や社員が進めるものではなく、会社全体、グループ全体で進めるべきものだと考えました。言い換えると、各組織を含め、それぞれの部門で最適なデジタルトランスフォーメーションに取り組む必要があるということです。

DXで大きな成果を上げるためには、高度なデジタル技術が必要になるわけですが、高度なデジタル技術については、ビジネス部門それぞれが内製化するよりも、専門家集団を作って、その集団がDXの主役であるビジネス部門を側面から強力にサポートする体制が効率的かつ効果的だと考えました。

デジタルの専門家集団を育成するK4Digitalを設立

五十嵐稲田さんの言葉の端々から、会社全体でデジタルトランスフォーメーションをやるんだという強い意志が伝わってきます。しかし、デジタル人材が急に育つわけではありません。

稲田これまでにも社内でデータアナリストの育成を進めてきましたが、その延長線上ではスピードが追いつきません。前進することはできても、ライバル企業を圧倒するスピードでなければ意味がないのです。そこで非連続な体制強化が必要と考え、アクセンチュアさんとの協業により、デジタルの専門家集団としてのK4Digitalを設立することにしました。

五十嵐アクセンチュア自体が、約6年近く前からDXに舵を切りました。何と、デジタル関連の売上げが、昨年度ついに全体の50%を超えました。つまり、デジタル絡みの仕事が、いまや多いということです。そういった中で、さまざまなタイプのスキルを持った人材が必要であるということを認識し、育成や再教育をしてきました。

稲田パートナーとしての御社の魅力は、最新デジタル技術に関する知識・情報が豊富であり、高度なデジタル人材を多数有していること。それに加えて、グローバルでエネルギー業界に精通しているということです。

五十嵐ありがとうございます。アクセンチュアには、データサイエンティストやAI、ブロックチェーン、量子コンピューティングなどの先端技術に精通した人材から、デザインやカスタマーエクスペリエンスに精通した人材がおり、チームを組んで支援をさせていただいています。

DXで重要なのは、良質なデータを収集・蓄積して活用することに加え、いかに各事業部門、ビジネスサイドと足並みを揃えるかだと思います。その点についてはいかがでしょう。

稲田高度で専門的なデジタル技術を有する人材をK4Digitalで確保・育成して、そのK4DigitalがDXの主役である各ビジネス部門を能動的にサポートするという体制でやっています。技術的なサポートによるPoC(Proof of Concept:概念実証)の推進にとどまらず、各ビジネス部門のDX計画策定やデジタル人材育成もサポートする。決して受動的なサポートではなく、あくまでもK4Digitalのお客さまであるビジネス部門とともに、ビジネス課題を明確にし、デジタル技術の活用テーマを掘り起こして、PoCをスピーディーに回していくという、提案コンサル型の能動的なサポートがポイントだと思っています。

「くろよん魂」と
「デジタル技術」で大変革を実現する

五十嵐取り組むべきこととして、どこに対象を絞っていますか。

稲田第一に、業務プロセスのデジタル化による「生産性の向上」、第二に、エネルギー領域、非エネルギー領域における新サービスの開発や新規事業の立ち上げなどの「新たな価値の創出」に取り組んでいきたいと考えています。

五十嵐いま、K4Digitalの中には、多様な人材がそろい始めています。関西電力とアクセンチュア、双方の人材が交ざり、DXに必要な人材の端から端までを有して一緒に仕事をしていく中で、個々のメンバーのスキルが加速度的に向上するでしょう。

稲田そうですね。関西電力グループも3年前からイノベーションに本気で取り組み始めました。イノベーションを進めるうえで、重要な要素がダイバーシティ、多様性だと思います。まさにK4Digitalという会社は、多様な価値観を持った人たちの組織であり、それがプラスにはたらいていると思います。

五十嵐K4Digitalという社名にも、強いメッセージが込められているのですね。

稲田関西電力には「くろよん魂」という言葉とマインドが脈々と引き継がれています。これは、映画やテレビドラマにもなった黒部川第四発電所(通称:くろよん)の建設の際に発揮された「くろよん魂」、困難なことにチャレンジして最後までやり遂げるというマインドを表しています。

K4Digitalという社名は、この「くろよん」のような関西電力の歴史に残る大変革、偉業を、今度は「くろよん魂」と「デジタル技術」で実現するという意味を込めて名づけたのです。

サービス開始から4カ月。成果への期待が高まる

五十嵐9月1日のK4Digitalサービス開始から4カ月が経過しました。手ごたえはいかがですか。

稲田順調なスタートダッシュが切れたと思います。非連続な強化だからこそ、この短期間で期待を超える成果を出せているんだと思います。K4Digitalにとってのお客さまであるビジネス部門からの信頼感、期待感も、多少の温度差はありますが、着実にアップしていると思います。

五十嵐この4か月におけるPoCの推進については、いかがですか。

稲田20件の分析案件のPoCやチャットボットなどのAI案件を手がけています。生産性向上の案件がいまは中心ですが、徐々に新たな価値創出の案件も増えてきています。20件のうち8件はPoCも終わり、それらを実行した場合のNPVは数十億円のレベルに達しています。今後は、これらを実行に移していくのが重要だと思っています。

ビジネス部門のDX計画策定支援については、3つの部門を重点的に支援しています。部門のビジネス課題分析やデジタル施策への落とし込み・評価などを実施しています。

五十嵐働き方の面ではいかがでしょうか。

稲田K4Digitalの中で、働き方の面でも、互いに学びあえる環境があると思います。成果へのこだわりや仕事のスピード、デジタルネイティブなワークスタイルやマネジメントスタイルなど、企業文化の違い、つまりダイバーシティゆえに互いに学ぶことができる点が多々あると思います。

これまでデータ分析を中心に進めてきましたが、デジタルという中でもっと広い範囲に期待していて、AI、IoT、VR・AR、さらにはブロックチェーンなども含めて、デジタル技術全般に関する専門家集団でありたいので、その分野における貢献を今後ますます期待したいと思っています。

五十嵐アクセンチュアとしても、K4Digitalのスタートの時は、電力業界に精通しているコンサルタントのメンバーと、データサイエンティストなどが中心となって立ち上げました。これからは、AIやIoT、アプリケーションのデザイナーや、基盤の整備をする人など、幅を広げていきたいと考えています。