Skip to main content Skip to Footer

LATEST THINKING


製造業におけるデジタルPLM

製品イノベーションと製品開発の変革

概要

デジタル技術がビジネスにもたらす破壊と変革はとどまるところを知りません。この新たな技術革新の荒波の最前線に立つのが、製品イノベーションと製品開発です。データ、プロセス、ビジネス、そしてITの統合は、製品やサービスのイノベーションをますます加速させています。企業は数十年間にわたりさまざまなツールを導入して、製品開発分野のデータやワークフローのデジタル化・自動化を推し進めてきました。そして今、企業のリーダーたちは、プロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)プロセスの効率性と有効性を最大限に高める最適なデジタル・モデルを構築することにより、投資利益率(ROI)の飛躍的な改善と研究開発(R&D)の加速化を目指しています。.

これらの新たなトレンドは、PLMの新たな未来を築き、PLMのさらなる進化を後押ししています。この取り組みに成功している企業は、デジタルのアプローチがPLMの有効性を劇的に引き上げることをよく理解しています。ソーシャル、モバイル、アナリティクス、クラウドといったデジタル技術は、効率的なネットワークに欠かせないあらゆる機能や要素を巧みに結び付け、かつてないほどのスピードと拡張性を備え、インテリジェントに富んだPLMのプロセスを実現します(下方にあるデジタルPLMのインフォグラフィックを参照)。つまり、デジタルPLMモデルの基盤となる技術は、企業の内外にこれまで以上の俊敏性と対応力をもたらすのです。

デジタルPLMインフォグラフィックをダウンロード [PDF]

課題

製品イノベーションに失敗すると、数十億ドルもの損失につながることもあります。製品イノベーションが財務にもたらすインパクトを、企業は今こそ最大化しなければなりません。アクセンチュアの調査からは、以下の事実が明らかになっています。
ONLY
30%

アイデアを製品やサービス、ビジネスモデルに転換する自社の能力に大変満足していると回答した企業幹部の割合

ONLY
21%

社外から優れたアイデアを獲得するための効果的なプロセスを有していると回答した企業幹部の割合

28%

イノベーションが失敗に終わる大きな理由のひとつに、商品化のスピードの遅さを上げた企業幹部の割合

PLMに変革をもたらすデジタル技術

ソーシャル:デジタル・プラットフォームを活用して、ビジネスの新たなコンセプトを生み出せているか?

モバイル:一貫した関連性を備えた顧客体験を提供できているか?

アナリティクス:データの価値を製品開発に役立てているか?

クラウド:商品化のスピードを加速するための適切な戦略を実践しているか?


デジタル技術がもたらすメリット

コネクテッド

リアルタイムな可視性が高まることにより、インテリジェントなサプライ・ネットワークが構築され、オペレーティング・モデルが進化します。

拡張性

組織の柔軟性の向上し、シームレスなオペレーションが可能となることで、パーソナルな顧客体験の提供が実現します。

インテリジェント

アナリティクスや認知ツール、モバイルアプリを活用した、革新的かつ実践的なインサイトの獲得と意思決定が実現されます。

俊敏性

優れた反応性と予防的な対策が、商品化のスピードを著しく高めます。

デジタルPLM

競合他社に後れを取らないために、企業は今こそ製品ライフサイクル管理(PLM)にデジタル・モデルを導入しなければなりません。

関連コンテンツ

お客様導入事例その他、開示可能な情報もあります。詳細の資料ご希望の方はアクセンチュア製造・流通本部までお問い合わせください。


お問い合わせフォーム

TEL:03-3588-4453(製造流通本部直通)