Skip to main content Skip to Footer

2014年度 “現場”と“経営”をつなぐデータサイエンティスト育成講座

現場データから最適解を発見し、経営課題の解決を実践する参加型研修

本講座の目的

多種多様な大量データ。瞬時に複雑な解析をこなすツール。どちらも必要に応じて容易に入手できる時代が到来しています。

一方、解析結果とビジネス成果の関係性を理解し、データから導いた最適解を実務にまで落とせる人材はまだまだ希少です。今、ビジネスで圧倒的に求められているのは経営(=課題)と現場(=データ)の実務的橋渡し役です。

本講座は、アナリティクスの基礎的能力を身につけたいビジネスパーソンを対象とし、単なる分析作業者ではなく、ビジネスゴールに向けた提言ができる“実務的な橋渡し役”を担う人材の育成を目的としています。

データ分析を活用した付加価値向上、サービス展開、商品開発、オペレーションモデル変革のリーダーもしくはコアメンバーとして今後の活躍が期待されている皆さまが、何を起点に考え、どんな知識(ビジネス、分析、統計、IT)を持ち、どんな動き方をすれば良いのか――。実践現場の第一人者が、体系的知識と実践的ノウハウを惜しみなく伝授します。

本講座の3つの特長

(1)参加型の研修で、“つなぐ”データサイエンティストのための一連のプロセスを伝授

プロセスを体感できる実践講座

  • 求められるビジネス視点、データ分析手法、統計的知識、ITインフラ知識と幅の広い知見について、全体感ある理論・事例を通じて、現場と経営をつなぐ中核人材を育成します。

  • 実事例をもとにした課題定義からモデル構築までのケーススタディを通じて、実際の場面で陥りやすいワナ、その克服方法などをリアルに体験することにより、一連のプロセスを徹底学習します。(分析環境としてSASを使用)

(2)データサイエンティストの第一人者、最先端研究者がアナリティクスの“今”と“未来”を語る

最新「実」事例の紹介

  • Wi-Fiアクセスポイントから収集される位置情報データを活用した新たなO2Oソリューションなど、さまざまな分野における最先端事例とともに、将来的な技術までを紹介します。

(3)手厚いサポートで短期集中の学びを最大化

実務上の悩みに個別にこたえるコーチング

  • 受講者の日常業務での課題認識に対して、実際にクライアントの課題解決に従事している現役コンサルタントが個別にコーチングを実施します。

受講準備のためのスターターキット

  • 統計学やITインフラについての前提知識に対し不安がある方でも、参加時点までにリテラシーのキャッチアップ可能な事前学習教材をお渡しします。

身につく知識・スキル・資格

  • データサイエンティストとして経営と現場を“つなぐ”人材に求められる体系的な知識と実践ノウハウ

  • センサデータなどのビッグデータを含めたデータアナリティクスの動向・事例知識

  • ビジネスに応じた有効なデータ分析手法の知識(機械学習から一般線形モデルまで、目的別に有効な手法の概要)

  • データ解析の目的別に有効なインフラ・アプリの知識

  • 実際のビジネスケースをもとにした、一連の実践的ノウハウ(体制構築⇒課題設定⇒仮説立案⇒データ収集・加工⇒データ探索⇒打ち手検討⇒モデル構築)

  • 会津大学(公立大学法人)から 修了証書を授与

昨年度の参加者の声

総合満足度4.8点、職場での実践度は4.7点(共に5点満点)

  • “様々な知識・視点が身についたことで、多面的な物の見方ができるようになり、日常でのデータの見方・扱い方が変わった。特にビジネス文脈で考える力は非常に今後に繋がる。”(大手IT企業35歳)

  • “実績に裏付けられたノウハウゆえにしみじみと良く理解でき、今の自分に足りないこと、自分がやるべきことが良く分かった” (大手金融 32歳)

  • “講義もさることながら、コンサルタント講師陣の仕事への熱量や、その場で柔軟に会場をつくっていくファシリテーション等、現場で役に立つプロのノウハウを学ぶことができた。” (大手製造 41歳)

  • “一流コンサルタントからのダイレクトコーチングが受けられて非常に貴重な機会だった。大きな気づき、実際のビジネスの種を探すアイデアが生まれた。” (大手IT 33歳)

主な講師の紹介

工藤 卓哉
アクセンチュア株式会社 デジタル コンサルティング本部 アクセンチュア アナリティクス統括 マネジング・ディレクター 会津大学 客員教授

企業・行政機関の分析力の高度化や見える化、分析を武器とした企業の組織立ち上げの案件を支援。ブルームバーグ市長政権におけるニューヨーク市政府統計ディレクターを歴任。著書に「データサイエンス超入門 ビジネスで役立つ『統計学』の本当の活かし方」(日経BP社)など。詳しいプロフィールは
こちらへ。

林 隆史
会津大学 コンピュータ理工学部 教授 IEEEおよび日本電子情報通信学会のシニアメンバー。福島県情報化推進アドバイザーなどの外部アドバイザーを務める。

ロバストなデータ処理、情報幾何学、計算幾何学、ビッグデータ分析のためのモデリング、誤差マネジメントとその統計処理等を専門とする。近年は、ビッグデータ分析への応用メッセージング基盤とその応用、電子自治体におけるオープンデータとビッグデータ分析などについて研究。

開催概要

日程
- 2014年度は、異なる日程で同じ内容の講座を3回実施します。
第1回 終了しました
第2回 終了しました
第3回 終了しました
会場 TKP東京駅前カンファレンスセンター (住所:東京都中央区八重洲1-5-20 石塚八重洲ビル、電話:03-4577-9266)(地図)
受講資格 基礎的な統計知識(平均値・中央値・最頻値、分散など)を有していること。
※受講前の事前学習教材を配布しますので、基礎知識に不安がある方でも、参加時点までに自己学習していただくことが可能です。
受講料 1人当たり26万円(税込)
※交通費・宿泊費は含みません。
募集定員 25名
※定員になり次第、募集を締め切らせていただきます。
主催 公立大学法人 会津大学
共同事業者 アクセンチュア株式会社

パンフレット/申し込み方法

講座内容や3日間のスケジュール、この講座で習得できるスキルなどの詳
細については、こちらのパンフレット をご覧ください。[PDF, 1.41MB]

お申し込みは、所定の受講申込書をダウンロードの上、必要事項を記載し、Eメールに添付、またはFAXにて下記の会津大学窓口まで送付ください。
※受付窓口はアクセンチュアではなく、会津大学になります。

公立大学法人 会津大学 復興支援センター
FAX:0242-37-2778
E-mail:info-arc@u-aizu.ac.jp


受講申込書のダウンロードはこちらから(別ウィンドウで開きます)
PDF形式 [PDF, 88.1KB]
エクセル形式 [Excel, 14.2KB]


お問い合わせは、下記までお願いいたします。
公立大学法人 会津大学 復興支援センター
Tel:0242-37-2533
E-mail:info-arc@u-aizu.ac.jp