Skip to main content Skip to Footer

効率的なホスピタリティ・オペレーションの実現

コスト削減と新たな価値創出、俊敏性の向上を通じた、より良い顧客サービスの提供

概要

「成長」は業種を問わず、すべての企業に課せられた永続的なテーマの1つです。このことは、かつてないほどの市場の低迷期においても変わることはありません。複雑性を増すビジネス環境、激化する競争やコストの上昇といったさまざまな要因を背景に、ホテル企業はより効率的な経営の機会を見いださなければならなくなっています。とはいえ、ホスピタリティ業界での競争に打ち勝つための俊敏性は1度の努力で獲得できるものではありません。また、俊敏性は単なるコスト削減、節約を意味するものでもありません。企業が成功という課題を達成するには、削減されたコストを顧客体験の改善に再投資し、ひいては新たな価値を創出して、成長を加速させなければならないのです。

ホテル企業は以下のステップを踏むことによって、競争に打ち勝つための俊敏性を獲得することができます。

  • 成長の加速に向けて、これまで以上に柔軟にリソースを投資できる、より効率的な経営モデルを構築する。

  • プロセス・エクセレンスを全社に浸透させ、効率性の改善を図る。

  • 先進的な能力を開発し、競合との差別化を図る。


全文をPDFで読む [PDF, 710KB]

クローズドループ型のコスト管理

クローズドループ型のコスト管理:成長のための原動力

クローズドループ型のコスト管理を導入することにより、企業は長期的なコスト削減を持続するために必要な財務能力と調達能力を獲得することができます。このアプローチによって、部門/部署、製品/サービス・カテゴリー、さらに拠点を横断して、詳細なレベルであらゆるコストを100%把握することができるほか、新たな価値の創出と成長の加速を後押しする精度の高い支出管理が可能になります。

クローズドループ型コスト管理の主要な構成要素は以下の通りです:

  • 透明性

  • アカウンタビリティ

  • 俊敏性


全文をPDFで読む [PDF, 2.38MB]

調達・支払いプロセス

数百万ドルの予算を無駄にしているホスピタリティ業界の課題

ホテル企業は、調達・支払いプロセス全体の管理を強化することにより、効率的なホスピタリティ・オペレーションを実現することができます。ホスピタリティ業界の多くの企業は、有効なコスト削減策の不備により、毎年のように数百万ドルもの予算を無駄にしていると言われています。その原因としては、不十分なカテゴリー管理やマーケット・インテリジェンスの不足、断片化された調達・支払いプロセスなどが上げられます。こうしたことからアクセンチュアでは、調達・支払いプロセスの合理化によるコスト削減を提唱しています。プロセスの合理化によりホテル企業は、新たな能力への投資を拡大してパフォーマンス管理を改善し、サービス・オプションを効果的に使い分けながら、変化し続ける顧客のニーズにスピーディに応える俊敏性を獲得することができるのです。


全文をPDFで読む [PDF, 430KB]

財務・会計業務のシェアードサービス化

障壁を乗り越える:ホスピタリティ業界における財務・会計業務のシェアードサービス化

ホスピタリティ業界の多くのリーダーは、費用効率性やコンプライアンスの実現など、シェアードサービスがさまざまなメリットをもたらすことを正しく認識しています。ただし、ホテル企業がシェアードサービスを用いて財務・会計業務の変革を行うには、数々の障壁を乗り越えなければなりません。具体的には、高いコストや技術的ニーズ、中央集約型のオペレーションが機能しない複雑な業界構造といった障壁があります。しかし、豊富な知見を備えたパートナーと協働することにより、ホテル企業はリスクを軽減しながら、シェアードサービスがもたらす機会を活用して、真に効率的なホスピタリティ・オペレーションを構築することができます。


全文をPDFで読む [PDF, 733KB]

関連コンテンツ