Skip to main content Skip to Footer

コンテンツとコンテキストの相乗効果による最高の顧客体験の創出

顧客体験の最適化を最先端のウェブコンテンツ・マネジメントシステムによって実現し、「コンテンツとコンテキストの融合」という企業のビジョンを支援します。

ウェブコンテンツ・マネジメントを通じて、よりパーソナライズされた体験を提供する
顧客1人ひとりにあわせて最適化された体験が求められる時代が本格的に到来しました。アクセンチュアが2012年に企業のCMO(マーケティング最高責任者)を対象に行った意識調査では、顧客単位で最適化された購入体験に対する消費者の期待が、何よりもマーケティングの長期的な戦略に大きな影響を与えるという見方が大勢を占めています。

ただし、分析を通じて明らかになった結果を、実際の施策に結びつけることは容易ではありません。調査に回答したCMO のうち、68%がデジタルチャネルを通じた価値創出が重要であるとしていますが、自社部門が最先端の取り組みを実践していると答えたのはわずか13%でした。 すなわち、ここには重要性の認識に実際の業務が伴わない「パフォーマンス・ギャップ」が存在しているのです。主要な5 項目におけるマーケティング活動の遂行能力に関する質問で、このパフォーマンス・ギャップがもっとも大きかったのは、「デジタル志向」(アクセンチュアの定義では「全社的なビジネスプロセスにデジタル志向が定着し、機能している状態」)でした。

パーソナライゼーションにおける課題
最先端のテクノロジーは、企業が追求するパーソナライゼーションの実現を支援してくれます。CMOは将来を見越して、企業のパーソナライゼーション構想に対応できる技術をいち早く採用することが重要です。高性能のウェブコンテンツ・マネジメントシステムなら、事業目標との整合性、拡張性、実行のスピードという3つの重要な課題の克服に必ず役立つはずです。

コンテンツ革命
ウェブコンテンツ・マネジメントシステムを通じて、よりパーソナライズされた体験を提供する取り組みを活発化するには、質の高い顧客データ、個人の生活に関連するコンテンツ、さまざまなコンテキストに適応できる能力が求められます。 また、提示されたデータにミリ秒単位の時間で応答し、適切な規模でコスト効率良くキャンペーンを実施するために、プロセスを自動化する必要があります。

よく練られた戦略と事業改革推進の仕組みを合わせれば、最先端のウェブコンテンツ・マネジメントシステムは、顧客体験の最適化を可能にする「コンテンツとコンテキストの融合」という企業のビジョンの実現を支援する強力なツールになるはずです。


(関連リンク)