Skip to main content Skip to Footer

化学業界:多極化世界における人材管理

化学企業の多くは人材育成や管理に課題を抱えています。多極化世界における人材管理、人材戦略について、アクセンチュアでは中国の人材管理の例を取り上げ、ハイパフォーマンスを実現するための人材戦略について説明します。

概要

PDFダウンロード
全文をダウンロードする:「化学業界:多極化世界における人材管理」

人材に関して根本的な変化が起きている背景

化学企業の多くは人材の育成や管理に頭を悩ませているのが実情です。人材供給の面では、従業員の高齢化により労働力不足が生じています。一方、若年層では仕事に期待するものが従来とは様変わりしており、今や化学業界に関心を抱く者はほとんどいないと言っても過言ではありません。

人材に関して根本的な変化が起きている背景には、絶え間ないグローバル化、具体的には世界の多極化が発生していることが挙げられます。多極化する世界では、ビジネスの中心地は先進国にあるとは限りません。それどころか、今やどこにでも存在し得る状況にあると言うべきかもしれません。

こうした新しい経営環境においては、人材の確保こそが競争優位性を保ちハイパフォーマンスを実現するための鍵であり、次の一手をどうすべきか、その決断によって結果は大きく左右されるのです。

アクセンチュアは、こうした新たな状況を理解した上で対応できる企業こそが、グローバル規模の人材獲得競争において優位に立つことができると考えます。

本ドキュメントでは、中国における人材管理の例を含め、ハイパフォーマンスを実現するための人材戦略について説明しています。

分析

多極化世界における人材管理

多極化世界において、人材管理は重要課題の一つです。アクセンチュアのこれまでの経験と調査から、効果的な人材管理を行うために取り組むべき重要な5つのポイントが明らかになりました。

  • 人材管理戦略の策定においては、事業戦略、その中でも特に人材に左右される要素との連携を図りながら、現在と将来のギャップを埋めるためにどのような人材が必要になるかを具体的に把握した上で行う。

  • 現在および将来に向けての戦略目標を踏まえ、事業の成否を左右する組織の人材ニーズ(職制と職能)に関する方針を策定する。

  • 新たな人材源の開拓にあたっては、さまざまな人材プールの活用、人材へのまったく新しいアプローチの開発、多様な雇用条件の提案などを通じて行う。

  • 従業員個人と企業全体の能力向上につながるようなスキル、知識、能力の開発を行い、組織の人材のポテンシャルを強化する。

  • 従業員個人の長所や志望と組織の目標との調和を図りつつ人材配置を行う。

ハイパフォーマンスの実現

人材管理の基本方針となる重要な取り組み

多極化する世界で成功を収めるためには、化学企業は従来からある人材管理の基本原則の大半を見直さざるを得ないとアクセンチュアは考えます。

まず、人材の採用、維持、育成方法についての再検討が必要になるでしょう。また、組織に所属する種々異なる人材を管理する必要が生じるのに伴い、各地域の状況に即して人材管理戦略をカスタマイズする一方で、文化や地域の違いを乗り越えて、従業員の帰属意識を醸成しグローバルな人材を一つにまとめ上げる能力を備える必要があります。

アクセンチュアは、複数の対策を同時に行うことが多くの企業にとって有効なものであると考えます。多極化する世界においては、次のような対策が不可欠です。

続きはPDFをダウンロードしてご覧ください。