Skip to main content Skip to Footer

Digital Plant
~デジタル技術がもたらすプラントオペレーション変革~

月刊「化学経済」2016年8月号:日系素材・化学企業における「Digital Transformation」 連載5

素材・エネルギー本部
マネジメントコンサルティンググループ
シニア・マネジャー 秦 央彦
コンサルタント 太幡 竜


構造的な環境変化が,化学プラントに変革を求めている。運転員の高齢化と大量退職による技術継承の断絶,海外でのプラントオペレーションの増加,設備老朽化と複雑化による必要技術の高度化,海外・新興メーカーとの競争激化や周期的に起こる経済環境の急変により訪れる一層のコスト削減の波などが,これまでのやり方での化学プラントの生き残りを難しくしている。

生産現場に本質的に求められるものが,これからも「安全・安定操業」と「運転・保全コストの最適化」であることは論を待たない。一方で,従来の現場積み上げ型の改善活動での安全性向上,コスト最適化には限界がきており,既存施策の延長線上にない,抜本的な変革が求められている。

現在,日本の「現場」が進退をかけて取り組まなければならない変革は,2つあると考えられる。まず,第一に安全・安定操業の継続のために,長年蓄積してきた技術・ノウハウを明示的に伝承する仕組みを確立すること。第二に,運転・保全コストをより削減するためにこれまで使用してこなかった,または獲得していなかったデータを活用して運転・保全オペレーションを革新すること。

本稿のテーマである「Digital Plant」とは,デジタル技術を使って上記の課題を解決することを指す。既に,欧米系の化学をはじめとする装置産業では,革命的な技術進歩を遂げつつあるデジタル技術を活用し,一足先に課題を解決しようとする取り組みが成果を出しつつある。当然ながら日本においても,モバイルやセンサーデータ活用の実証実験に早期着手した企業は多い。しかしその多くが,ノウハウを持った専門家がいない,ROIの基準をクリアできないといった海外企業にも共通する課題に加え,現場ミドル層の納得感が得られない,通信規制,防爆規制が厳しいといった日本固有の「壁」に直面し,限られた範囲の試験的な取組に終始している。

組立産業に目を向けると,製造現場でのデジタル技術の導入は加速度的に進んでおり,スマートファクトリーやIndustry4.0などの言葉がバズワードとなっている。新たなデジタル技術は,生産の効率化や品質の向上に大きく寄与するだけでなく,未来感を感じる工場それ自体がブランディングやCSRにおける強みの1つにまで昇華されようとしている。そして,デジタル技術の導入範囲は,組立系の生産工程から装置産業の生産工程へと移行してきた。本稿第1章では,海外の化学・他産業メーカーで行われている先進的な取り組みと課題解決方法についての学びを基に,日系化学メーカーの変革に資するデジタル技術の導入方法について論じたい。加えて第2章で,上述した日本固有の「壁」をいかに乗り越えていくべきかについて考察していく。


全文をPDFで読む [PDF, 231KB]


(関連リンク)