Skip to main content Skip to Footer

化学業界のビジネス・プロセス・トランスフォーメーション

化学業界で先進的な企業は、単なる事務処理型のアウトソーシングを超えた、より複雑な機能を担うアウトソーシングを活用。3つのアウトソーシング・タイプにおける事例とともにBPOの必要性・重要性について説明します。

概要

PDFダウンロード
全文をダウンロードする:「化学業界のビジネス・プロセス・トランスフォーメーション」

重要なビジネス・プロセスをアウトソーシングする
化学業界における業務のアウトソーシングは、今に始まったことではありません。しかし近年の新しい動向として、化学業界におけるビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)の導入が増加しているとアクセンチュアは考えています。

わずか3年前と比較しても、化学業界におけるBPOの魅力・重要性は大きく増しています。BPOは決して1回限りの急場凌ぎや、要領よく節約するための方法などでなく、企業のビジネス・プロセスの最適化、ケイパビリティの拡充、そして競争力の構築において中枢的な役割を担うようになっています。

先進的な化学企業は、このような単なる事務処理型のアウトソーシングを超えた、より複雑な機能を担うアウトソーシングを活用してきています。

すなわち、化学企業は重要なビジネス・プロセスをアウトソーシングすることで、パフォーマンスの改善と柔軟性・拡張性の向上を成し遂げ、グローバルに成長できるポジションに自社を位置づけることができるのです。

本ドキュメントでは、3つのアウトソーシング・タイプにおける先進的な化学企業の事例とともに、BPOの必要性・重要性について説明しています。

分析

主要な段階におけるBPOの4つのベストプラクティス
化学業界向けに実施したアクセンチュアの調査では、一度BPOを経験した企業はBPOをエンド・ツー・エンドで考えており、長期的な関係、変革管理、長期にわたる継続的なイノベーションを重視していることが分かっています。また、これらのBPO経験企業の幹部に共通する観点から、BPOの4つの主要な段階でのベストプラクティスが明らかになりました。

第1段階: ビジネス成果のためのプランニング

    BPOを経験している企業幹部は、コストの節減だけでなくビジネス・パフォーマンスの向上、戦略的ケイパビリティ構築、目標とするその他の成果を意欲的に目指します。

第2段階: パフォーマンス向上のためのパートナー関係の構築

    BPOで効果をあげている企業は、自社が属する業界をよく理解し、自社の企業文化を尊重し、信頼できるプロバイダーと協力し、相互にメリットが得られる関係を構築しています。

第3段階: 円滑な移行のための強力なガバナンス

    円滑な移行を行うには、明瞭なコミュニケーション、高いスキルを備えたチームの編成、そして強力な変革管理とガバナンスが不可欠です。

第4段階: イノベーションを伴う実行

    BPO経験のある企業は、初期の成功を活用して、新たなレベルのイノベーションを探し出し、自分たちが期待するものを契約やガバナンスに盛り込んでいきます。これらのベストプラクティスの多くは、アクセンチュア自身のアウトソーシング経験と一致しています。

ハイパフォーマンスの実現

BPOを活用してプロセス・エクセレンスを実現する
競合を上回るパフォーマンスを持続させている企業は皆、洞察を迅速に行動に移すプロセスを創造する能力と、バリューチェーンを通じて競争優位を獲得する能力とを備えています。アクセンチュアは、こうした企業を分析した結果、そのハイパフォーマンスの基盤にある重要な要因の1つが、効果的なBPOを構築する方法をよく知っている点にあることが分かりました。それは、社内に投資してケイパビリティを構築するよりも効果的な場合は、サプライヤーやビジネス・パートナーの強みを借りて、クラス最高のケイパビリティを作り上げていることです。

アウトソーシングには、次の3つのタイプがあります。

  • 水平型アウトソーシング
  • 垂直型アウトソーシング
  • マルチタワー・アウトソーシング

マルチタワー・アウトソーシングは、組織の複数の領域にまたがるビジネス・プロセス群を、単独のサービス・プロバイダーに一括してアウトソーシングするものです。これにより、経営幹部は異なるビジネス機能間の「点と点を結ぶ」ことが可能になり、リソース、アプリケーション、プラットフォームを共有できるようになります。