Skip to main content Skip to Footer

化学業界向けシリーズ 危機の時代に成功を収める

化学企業が不況時に経営効果を最大限にするため、コスト削減、顧客獲得、オペレーショナルエクセレンス、M&Aの効果的な実行などの取り組みが不可欠とするアクセンチュアの考察。景気低迷時にも成長を可能にする化学企業の戦略および行動のあり方について説明します。

概要

PDFダウンロード
全文をダウンロードする:「化学業界向けシリーズ 危機の時代に成功を収める」

化学業界の企業は現在のコスト・プレッシャーに耐えながらも、景気の回復と後退の波に備えていかなければなりません。

化学企業は自社のポジションを常に見極め、変化した環境に対応するための戦略を策定していなければなりません。

生き残りに集中せざるを得ない企業もあります。一方で、より有利なポジションにいる企業は、いかに状況を自社に有利になるよう活用するかを考え、不況を利用して比較的競争力のある現在のポジションをさらに向上させることで、将来の成長のためにより強固な基盤を確立する必要があります。

本ドキュメントでは、ビジネスモデルや地域別の考察を加えながら、不況下における企業の戦略および行動のあり方について説明しています。

分析

企業の現状を3つのカテゴリーに分類
化学業界の企業にとって、景気後退の影響が様々な業種に及ぶ統合と再編の時期に、不況への適切な対策を見極めるのは容易なことではありません。これまで企業の多くは将来のグローバル展開を目指して、トランスフォーメーションに取り組んできました。これらの企業が現在、改革のどの段階にあるのかによって、彼らが現在とらなければならない戦略と行動が決まってきます。

化学企業がこれからの対策を講じるにあたり、アクセンチュアでは企業を3つのカテゴリーに分類しました。

  • 資金繰りの確保(生き残り戦略)
    多くの会社はトランスフォーメーションの途上にあり、負債のレベルも比較的高いため、少なくとも現状ではトランスフォーメーションを続けるための資金が不足しています。

  • グローバル・オペレーティング・モデルの構築(ポジショニングの再考) このカテゴリーに属する企業は財務体質が比較的強く、トランスフォーメーションもかなり進展しています。現在の不況を耐え抜く体制がある程度できており、景気回復時には不況以前よりも力を増して台頭すべきです。

困難な時期での成長(成長)
現在の困難な情勢にもかかわらず成長できる企業は、強固な財務体質を持ち、目標とするビジネスモデルへのトランスフォーメーションを既に完了しているか、ほぼ完了しようとしています。こうした企業は将来を見据えて攻勢を仕掛け、必要に応じて計画の加速、新たな製品やサービスの開発による利益の拡大、マーケットシェアの獲得を行えるポジションにあります。

ハイパフォーマンスの実現

経済危機時の経営に必要な4つの取り組み
景気低迷時に経営効果を最大限に上げるためには、経費削減を行い、危機に瀕したサプライヤー、萎縮する消費者、合併後の統合問題等に対応しながらも、企業が持つ梃子を最大限に活用し、失敗のない企業運営を行う必要があります。

経済危機時の経営には、次の4つの取り組みが不可欠です。

  • 迅速かつ継続的なコスト削減
    多くの企業にとってこれは最も重要なことで、資産、投資同様、R&Dからサプライチェーン、カスタマー・サービスに至るまで、バリューチェーン全体にわたって、厳密に吟味していくことが必要です。

  • 顧客の獲得と保持
    ロイヤルティの高い顧客の保持と新規顧客の獲得は、企業にとって当然ですが、景気低迷期においては、その重要性はさらに高まります。

  • オペレーショナル・エクセレンス
    企業活動が世界中に分散している企業では、こうした活動の全てを考慮した質の高いグローバル・オペレーティング・モデルを作り、管理していかなければ、オペレーショナル・エクセレンスを達成することはできません。

  • M&Aの効果的な実行
    M&Aに注力するのは不況の時代にそぐわないと捉えられるかもしれません。しかし、実はこうした厳しい時にこそ、価格的に魅力のある安い案件が突如として登場するため、M&Aは重要になってきます。