Value from Flexibility 台頭する再生可能エネルギーが支配する時代への備え

再生可能エネルギーの不安定性を低減

再生可能エネルギーの需給が増えるにつれ送配電系統は不安定化する、という考えが一般化しています。

フレキシビリティとは、電力の変動性と不安定性を管理して需要と供給をバランスさせる送配電系統の能力を指します。

従来の送電網における安定性の管理では化石燃料によるバックアップ体制が重視されてきた一方で、新たな送配電系統ではバリューチェーン全体のフレキシブルな需給管理が重要になります。

本レポートでは、既存のフレキシビリティを活用して送配電系統にフレキシビリティサービスを提供するための、斬新なアプローチ事例を取り上げます。


レポートを読む

5つの重要な知見

エネルギー市場で現在何が起きているのかを解き明かすため最適な35もの事例を厳選し、地域集約に向けて特化した大規模なグリッドスケールストレージに投資した場合と、Front-of -Meter(供給サイド)におけるDERと需要の管理を強化した場合の対比や、需要を集約してオフグリッド供給に投資している様々な領域の組織について検証しています。

アクセンチュアによる調査の結果、次の5つの重要な知見が明らかになりました。



重要な成功要因

市場の動きはとても速く、バリューチェーンの全領域に多種多様なモデルと事業者が存在して、各市場には数えきれないほどのイノベーションが出現しています。

すべてのプレーヤーにとって重要な成功要因はいくつかあります。加えて、電力市場におけるすべてのプレーヤーに対する推奨事項に加え、再生可能エネルギー発電事業者、電力ネットワーク運用者、小売事業者にはそれぞれ個別の命題が存在します。



  • 市場全体の動向を
    トラッキングする
  • せんたくした収益の
    源泉にフォーカスする
  • 空中戦になるような成果に
    結びつかない内容と、
    想定される成果を確認する
    試験運用とを区別することが重要
  • 消費者のトレンドと
    購買行動の動向に
    寄り添い耳を傾ける
  • パートナーシップと
    アライアンスにより
    協働体制を整える

市場全体の動向を
トラッキングする

せんたくした収益の源泉に
フォーカスする

空中戦になるような成果に
結びつかない内容と、想定される
成果を確認する試験運用とを
区別することが重要

消費者のトレンドと
購買行動の動向に寄り添い
耳を傾ける

パートナーシップと
アライアンスにより
協働体制を整える

お問い合わせ

お問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。


お問い合わせ