Skip to main content Skip to Footer

人工知能(AI)を今すぐビジネスバリューに転換する

経営層がAIによる経済・ビジネスへの影響を重要視する今、 夢と現実をいかにして見極めるかべきでしょうか

人工知能(AI)の興隆

知覚し、理解し、行動することができる情報システムとアプリケーション、すなわち人工知能(AI)は、今や研究対象の域を越えて、CEOをはじめとする企業幹部の注目を集める存在です。

メディアは、定期的にAIをベースとした革新的なビジネスソリューションを大きく取り上げるようになっています。ベンチャーキャピタリストは、AI関連のスタートアップ企業への投資を急速に拡大させています。さらに、IT企業はこの新たな領域で、価値を創造・獲得するための行動を加速しようとしています。

自動運転車やスマートフォンの仮想アシスタントなど、AIはさまざまな製品/サービスに取り入れられています。しかし、これらは単一のテクノロジーやアプリケーションで成り立っているわけではないことを、正しく理解しておく必要があります。

本レポートでは、これらのテクノロジーが企業や社会におよぼし得る影響と、AIを活用して企業と業界が新たな価値を生み出す方法について、深く考察します。

『人工知能(AI)を今すぐビジネスバリューに転換する』の記事全文を読む(英語のみ) 
[PDF, 615KB]

AIの世界は多様性に富んでいます。企業は、多彩な関連技術を理解し、それらをソリューションへと統合させることで、 より大きな価値を生み出すことができます。

知覚し、理解し、行動する人工知能(AI)

AIシステムは、教材さえあれば自ら学ぶことができる優秀な学生のように、自己学習の能力を備えています。コンピュータにAIを搭載することで、以下のことが可能になります。

知覚する
たとえば、国境の検問所に旅行者の外見的特徴を捉えて顔認識などを行えるコンピュータ・ビジョン・テクノロジーを導入したら、どのようなメリットが得られるでしょうか。

多重スペクトル画像分析(赤外線と紫外線を使ってパスポートをスキャンする分析技術)や包括的な情報データベース、マッチング・アルゴリズムを組み合わせて統合的なソリューションを構築すれば、無許可入国者リストに載っている人物をはじめとした、さまざまなリスク要因を特定できるため、セキュリティレベルを向上させることが可能になります。

理解する
AIシステムは、自然言語処理や推論エンジン、エキスパートシステムなどの技術を利用して、理解することもできます。

これらの技術は、多様な業種/業界に幅広く応用できます。たとえば、医療業界なら医師がAIベースの診断システムを用いて疾病を特定し、治療方法を提案することが可能です。

行動する
AIシステムは自ら行動することもできます。たとえば、推論エンジンやエキスパートシステムなどの技術を利用して、1つのプロセス内でアクションを起こすことが可能です。あるいは、(仮想世界ではない)物理世界に対して直接アクションを起こすこともできます。

自動運転者が良い例です。自動運転車は、環境を知覚し、さまざまなインプットデータを理解して、運転者のサポートなしにクルマを走らせることができます。

新たな機会と価値を見極める

AIソリューションの種類は、AIソリューションを使って行う仕事の複雑性と、AIソリューションで利用するデータ/情報の複雑性によって分類することができます。具体的には、以下の4つのアクティビティ・モデルに分類することが可能です。

効率性モデル
効率性モデルに分類されるAIソリューションは、明確に定義されたルールや手順、基準に従って、ルーチンなアクティビティに用いられます。一貫したパフォーマンスを低コストに提供することを目的としたソリューションです。

エキスパート・モデル
このモデルに分類されるのは、医師や弁護士、フィナンシャルアドバイザー、エンジニアなどのエキスパートが、自身の専門知識や経験に基づいて判断を下すなどのより高度なアクティビティに用いるAIソリューションです。

これらのAIソリューションでは、意思決定や行動はソリューションのユーザーである人によって行われるのが一般的です。AIソリューションの役割は、人の知覚や意思決定を支援することであり、たとえば分析、アドバイス、実践サポートなどを行います。

有効性モデル
このモデルに分類されるAIソリューションは、従業員と企業が特定の成果を生み出す能力全体を向上させることを目的として活用されます。また、これらのソリューションを用いる従業員には、業界と会社、ビジネスプロセスに対する高度な知識が求められます。

ソリューション活用の成否を握るのは、ソリューションと人の調整およびコミュニケーションです。適切な調整とコミュニケーションにより、ソリューションを管理や監督、販売などといったさまざまな業務に活用することができます。これらのソリューションでは、テクノロジーは人の指示を受け、人に代わってパーソナルアシスタントとしての役割を果たします。

イノベーション・モデル
このモデルに分類されるAIソリューションは、生物医学研究者やファッションデザイナー、シェフ、ミュージシャン、起業家といった人々の創造性やアイデア力を拡大します。意思決定を下し行動するのはあくまで人であり、テクノロジーは代替案の発見や、アイデアの最適化をサポートする役割を果たします。

あらゆる業種/業界に大変革をもたらす人工知能(AI)

企業は教育者や政策当局と協働して、AIがもたらし得る影響を正しく測定し、適切に対処していかなければなりません。

あらゆる業種/業界に大変革をもたらす人工知能(AI)
大切なのは、特定のテクノロジーを追求し過ぎないこと、 テクノロジーそのものが答えだと勘違いしないことです。

まずは仕事の内容を考え、その仕事に活用できる トータルAIソリューションへとテクノロジーを統合していくことが重要です。

企業は、これらのテクノロジーが企業や教育、社会にもたらし得る影響について、継続的な議論を推し進めていかなければなりません。

テクノロジーそのものではなく、人がAIの社会的影響を決定付けるのです。 この機会を、企業は決して見逃してはなりません。

関連コンテンツ