Skip to main content Skip to Footer

コスト競争力を備えた経営モデルの構築による、成長とイノベーションの加速

バリューネットワークを拡大し、患者のアウトカムを向上する

概要

ライフサイエンス企業はコスト削減の厳しい圧力に直面しながら、新規市場への参入や新製品の開発に努めています。変化する医療費の償還制度や、バイヤーとインフルエンサーの増加によって業界の複雑性が増す中で、多くの企業はコスト削減を余儀なくされています。とはいえ、ライフサイエンス業界での競争に打ち勝つための俊敏性は1度の努力で獲得できるものではありません。また、俊敏性は単なるコスト削減、節約を意味するものでもありません。企業は適切なアクションによって体系的なコストの見直しを行い、削減されたコストをR&Dや新製品の市場投入、市場調査に再投資しなければなりません。このことが、ひいては成長とイノベーションを加速させ、持続可能な競争優位性と収益性の創出を後押しするのです。

ライフサイエンス企業は以下のステップを踏むことによって、競争に打ち勝つための俊敏性を獲得することができます。

  • 市場調査やR&Dを通じた成長の加速に向けて、これまで以上に柔軟にリソースを投資できる、より効率的な経営モデルを構築する。

  • プロセス・エクセレンスを全社に浸透させ、効率性の改善を図る。

  • 先進の能力を開発することによって、競合他社との差別化を図る。


全文をPDFで読む [PDF, 710KB]

調達領域におけるプロセス・エクセレンス

ライフサイエンス企業に調達プロセスの改善がよく「効く」理由

戦略的かつ協働的な調達部門は、ライフサイエンス企業が競争力を維持し、成長を加速する上で欠かすことができません。調達プロセスは新製品の開発や新規市場の開拓、新たな販売手法の活用といった取り組みを大きく後押しする力を備えていますが、多くの企業はこの事実を正しく認識できていません。しかし、フロントオフィスからミドルオフィス、バックオフィスに至る調達プロセスを見直すことにより、企業はプロセスの標準化と効率化を加速させ、ビジネスの最前線に戦略的な人材配置を行うことが可能になります。ライフサイエンス企業は、調達業務の戦略的なポテンシャルを正しく認識・育成して、イノベーションと成長を推進しなければならないのです。


全文をPDFで読む [PDF, 606KB]

サプライチェーンのコントロールタワー

患者中心のバリューネットワークへのシフト

ライフサイエンス業界においては、伝統的に直線的なサプライチェーン・モデルを採用されてきました。しかし、このアプローチではもはや、業界の新たな課題や機会に対応することはできません。企業はこの従来のモデルを変革し、市場のニーズにダイナミックかつ俊敏に応えることのできる、患者中心の「バリューネットワーク」を構築しなければなりません。新たなモデルでは、そのフォーカス領域を従来の「製品/サービスを供給する」ことから、「患者と医療従事者のニーズとウォンツを捉える」ことへとシフトさせる必要があります。ライフサイエンス企業は、供給戦略においてアナリティクスとデジタル・テクノロジーを活用することで、規制に則った安全かつ予測的な供給プロセスを確立し、いつでもどこでもバイヤーの、ひいては患者のニーズに俊敏に応えられるようになります。これにより企業は、業務の効率性とサービスの価値を改善できるだけでなく、ブランドと企業イメージを守ることが可能になるのです。


全文をPDFで読む [PDF, 5.06MB]

クローズドループ型のコスト管理

クローズドループ型のコスト管理:成長のための原動力

クローズドループ型のコスト管理を導入することにより、ライフサイエンス企業は長期的なコスト削減を持続するために必要な財務能力と調達能力を獲得することができます。このアプローチによって、部門/部署、製品/サービス・カテゴリー、さらに拠点を横断して、詳細なレベルであらゆるコストを100%把握することができるほか、新たな価値の創出と成長の加速を後押しする精度の高い支出管理が可能になります。

全文をPDFで読む [PDF, 2.38MB]


クローズドループ型のコスト管理のコンセプト
クローズドループ型のコスト管理によって増加する価値

ゼロベース予算(ZBB)とは

インフォグラフィックで学ぶゼロベース予算(ZBB)

ゼロベース予算(ZBB)は、前年の実績がベースとなる従来の予算策定の手法とはまったく異なるアプローチです。ZBBを導入することにより企業は、投資額1ドル毎にその妥当性を判断しながら、毎年ゼロから予算を組むことができます。この手法が企業文化に変化をもたらし、効率的かつ継続的なコスト削減を通じて、削減分されたコストを成長のためのイニシアチブへ再投資することが可能になります。ZBBのアプローチによって、ライフサイエンス企業は不安定な市場環境に俊敏に対応できるようになるのです。


インフォグラフィックでゼロベース予算(ZBB)の特長を見る(日本語) [PDF, 416KB]

ロジスティクス・エクセレンス

ロジスティクス・エクセレンスは、いかにして医薬品・医療機器メーカーのパフォーマンスに変化をもたらすか

利益を伴う持続可能な成長は、多くのライフサイエンス企業にとっての大きな課題の1つです。しかし、高度なロジスティクスやサプライチェーン管理など、成長を加速する上で欠かせない長期的なビジネス基盤の重要性は見過ごされがちです。サプライチェーンの変革には、新たな機会につながるさまざまな可能性が潜在しています。この機会を捉えることで、企業は売上の拡大や利益率の改善、リスクの最小化、コストの削減を推し進めることができます。ライフサイエンス企業のロジスティクス・エクセレンスは、以下の領域で実現することができます。

  • ロジスティクス戦略

  • コンプライアンス

  • 流通管理

  • 在庫/受発注管理

  • グローバルな輸送システム

  • 市場最適化


全文をPDFで読む [PDF, 2.00MB]