Skip to main content Skip to Footer

小売業界で成功を勝ち取るためのシームレスな組織体制の構築

ビジネス・プロセスを再構築し、顧客体験を改善する

概要

「成長」は業種を問わず、すべての企業に課せられた永続的なテーマの1つです。このことは、かつてないほどの市場の低迷期においても変わることはありません。複雑性を増すビジネス環境、激化する競争やコストの上昇といったさまざまな要因を背景に、小売企業は今まさに、シームレスな組織体制の構築が求められています。これにより小売企業は、イノベーションを加速させ、カスタマー・エンゲージメントを強化することが可能になります。とはいえ、競争に打ち勝つための俊敏性は1度の努力で獲得できるものではありません。また、俊敏性は単なるコスト削減、節約を意味するものでもありません。企業が成功という課題を達成するには、削減されたコストを顧客体験の改善に再投資し、ひいては競争優位性を強化して、成長を加速させなければならないのです。

小売企業は以下のステップを踏むことによって、競争に打ち勝つための俊敏性を獲得することができます。

  • 成長の加速に向けて、これまで以上に柔軟にリソースを投資できる、より効率的な経営モデルを構築する。

  • プロセス・エクセレンスを全社に浸透させ、効率性の改善を図る。

  • 先進的な能力を開発し、競合との差別化を図る。

全文をPDFで読む [PDF, 710KB]

シームレスな経営モデル

小売企業におけるシームレスな経営:求められる機能とチームの統合

現代のノンストップ・カスタマーは豊富な知識とツールを使って、パーソナライズされたシームレスなショッピング体験を手軽に楽しんでいます。小売企業はこのような権限を持った顧客に適応し、そこで必要とされる機能とチームを横断的に統合することでシームレスな組織体制を構築し、顧客に提供するサービスの関連性と競争優位性を維持しなければなりません。言い換えれば、現在の小売企業にはより効率的な経営モデルの構築が不可欠となっているのです。それにより、顧客のニーズや求められる機能が絶えず変化する中においても、常に競争優位性を維持しながら、顧客ロイヤルティを高めていくことができます。そのためには、いつでも、どのチャネルでもパーソナライズされたブランド体験を、すべての顧客に提供しなければなりません。


全文をPDFで読む [PDF, 2.6MB]

シームレスなサプライチェーン

Retail supply chain reboot: agilely facing the unknown

In the digital age, the retail supply chain directly impacts the customer experience. More companies are increasing their investments in supply chain logistics to offer the seamless customer experience consumers crave. And yet, most retail supply chains still lack the insight, agility and adaptability to anticipate and respond to changes in customer demands. Simply investing more money will not close the gaps in logistics performance. In order to turn the supply chain into a growth driver, retailers must employ a strategic approach that ensures an optimum balance of speed, scale, complexity and cost.

DOWNLOAD PDF TO LEARN MORE [PDF, 794 KB]

シームレスなワークフォース

顧客とのインタラクションが成長を加速する

小売企業の成功の鍵を握るのは、店頭やオンライン、コールセンターでの顧客とのインタラクションです。大手小売の多くはこのようなフロントラインへの投資を拡大することによって、より顧客中心の経営へとシフトしようとしています。適切なテクノロジーと研修体制を導入し、対顧客能力を向上させることで、小売企業は売上高と利益率を拡大できるだけでなく、新たな投資のための資金を確保し、従業員の待遇も改善することができるのです。


全文をPDFで読む [PDF, 230KB]

ゼロベース予算(ZBB)

ゼロベース予算(ZBB)の再構築:戦略的なコスト管理で、競争優位性と成長を加速する

ゼロベース予算(ZBB)の導入によって、小売企業はこれまで以上に戦略的なコスト管理構造を再構築することができます。差別化要因とならない影響力の小さな領域へのコスト配分を減らし、製品イノベーションやマーケティング、セールスキャンペーン、新規市場参入といった成長を加速させる領域への再配分を可能にするZBBのアプローチによって、企業は変化への適応力を高め、競争力を強化できるのです。さらに毎年ゼロから予算を組むZBBの手法は、経営の効率化によって削減されたコストの、成長のためのイニシアチブへの再投資を可能にします。これらの変革を通じて、小売企業は変化し続けるニーズと不安定な市場環境に対応するための、俊敏性と適応力を身につけられるようになります。

インフォグラフィックでゼロベース予算(ZBB)の特長を見る [PDF, 416 KB]

調達・支払いプロセス

調達・支払いプロセスの合理化によるコスト削減

高度に自動化された購買管理プロセスは、すべての支払いを1つのチャネルに集約することによって、著しいコスト削減効果をもたらします。小売企業の場合、先進的なオートメーションツールとアナリティクスを導入することで、調達・支払いプロセスを変革しながら、どのようなアクションが業績の改善につながるかについての重要なインサイトを獲得することができます。たとえば、コスト削減を実現して未来の成長に備えたり、管理部門への投資を長期的に営業部門に振り向けたりといったことが可能になります。ただし真の成功を収めるには、小売企業は調達・支払いプロセスにおいて、大規模なチェンジマネジメントを行わなければなりません。


インフォグラフィックで一気通貫の調達アプローチの特長を見る [PDF, 413 KB]

関連コンテンツ