Skip to main content Skip to Footer

Accenture Interactive、デジタル体験構築ベンダーのリーダーに

フォレスター・リサーチは、主な差別化要因として「デジタル顧客体験戦略」「デザインケイパビリティ」「企業ビジョン」の3点を挙げました。

レポート・サマリー

Accenture Interactive(アクセンチュア・インタラクティブ)は、市場をリードするビジョンを備え、急速にケイパビリティを向上させています。

大手グローバル調査会社のフォレスター・リサーチは、世界中のデジタルエクスペリエンスのサービスプロバイダーの中でアクセンチュアをリーダー企業に選定しました。同社の “The Forrester Wave™: Digital Experience Service Providers, Q4 2015”と題するレポートにおいて、アクセンチュア・デジタルの1グループであるアクセンチュア・インタラクティブは、トップ11社のデジタルエージェンシー、システムインテグレーター、コンサルティング会社の中で高い評価を受けています。

本レポートでフォレスターは、対象企業を「現行のサービス内容」「戦略」「市場プレゼンス」という3つのカテゴリーにおいて31の基準で評価し、アクセンチュア・インタラクティブと他1社のベンダーを最高ランクのリーダーに認定しました。

アクセンチュア・インタラクティブは、デジタル分野に強みを持つAcquityやFjordのようなブテックエージェンシーを買収して、デジタルエクスペリエンス領域へ進出しました。

フォレスターは次のように述べています。「アクセンチュア・インタラクティブは先進的な戦略を持ち、デジタルエクスペリエンスをより広いデジタルビジネス変革の一環として位置付けています。それゆえアクセンチュア・インタラクティブこそがデジタルエクスペリエンス分野で最も将来性が見込まれるベンダーであると考えます。」

さらにフォレスターは、アクセンチュア・インタラクティブの戦略立案、エクスペリエンスデザイン、テクノロジー導入などのサービスを、今回評価した中で最も複合的で優れたものであると評しています。

本件についてのニュースリリースを読む(英語のみ)