Skip to main content Skip to Footer

CLIENT CASE STUDY


ファーマコビジランス(安全性情報管理)のアウトソーシング事例

日本語や日本の法規制にも対応

業務効率化やコスト削減を実現するアウトソーシング対象領域の1つとして注目されているのが、病院や患者、薬剤師などから提供される薬の安全性情報を管理する「ファーマコビジランス(Pharmacovigilance、PV)」です。

アクセンチュアではオンショア要員とインド・中国のオフショア要員を組み合わせ、英語、日本語でのファーマコビジランス・アウトソーシングサービスを800名以上の体制で提供しています。

これまでコンプライアンス上、重要業務として自社内で行われていた業務だけに、この分野のアウトソーシングでは業務品質の確保が必須となります。

アクセンチュアではこうしたニーズに対応するため、ファーマコビジランス分野のアウトソーシングに関わるSLAを準備。「タイムライン」や「データ品質」、「コンプライアンス」の3つを主軸に、人材の研修・評価と連動させながら品質に対するコミットメントを明確にしています。

あるグローバル製薬メーカーは、日本法人のファーマコビジランス業務の効率化・シンプル化・管理徹底を目指し、アウトソーシングパートナーとしてアクセンチュアを選択。法規制を遵守しつつ、ドクターの手書きの原資料を読み取りながら安全性情報管理に反映する業務を中国・大連で実現しています。

開示可能な詳細データもありますので、ご興味のある方はアクセンチュア製造・流通本部までお問い合わせください 。


お問い合わせ

製造流通本部では皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

TEL: 03-3588-4453 (製造流通本部直通)
お問い合わせフォーム