Skip to main content Skip to Footer

R&D業務のアウトソーシング

― 製薬業界グローバルトップ10企業のほぼすべてを支援

製薬業界のR&D業務は「国境を越えた治験データの収集」、「分析作業から新薬承認に向けた各国法令への対応」など、膨大なコストと時間を要します。各企業が持続的に成長し続けるには、いかにスピーディで高い品質を保持し、コスト効率の良い業務体制を築けるかどうかが重要なポイントになります。

これらの実現のため、アクセンチュアは、ファーマコビジランス(Pharmacovigilance、PV、安全性情報管理)、臨床データ管理(Clinical Data Management、CDM)、統計解析・プログラミング管理(Stats Programming)などのアウトソーシングサービスを提供しています。

インド・中国のデリバリーセンターには、製薬R&D業務やeDC(electronic Data Capturing/電子的 臨床情報収集システム)、PVシステムのオペレーションスキルを持つ専門チームメンバーが1,100名以上従事。

多くのグローバル製薬企業がアクセンチュアの製薬R&D業務アウトソーシングを利用しており、コスト削減はもちろん、業務手法の統一化、プロセスデータの標準化、継続的な業務改善などを実現しています。

ある日系製薬メーカーではオフショア化を検討、実施決定後から約10カ月のスピードでサービスインを実現しました。

開示可能な詳細データもありますので、ご興味のある方はアクセンチュア製造・流通本部までお問い合わせください 。

お問い合わせ

製造流通本部では皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

TEL: 03-3588-4453 (製造流通本部直通)
お問い合わせフォーム