Skip to main content Skip to Footer

自動車・産業機械業界 ERPベース業務プラットフォーム展開と業務アウトソーシング

「構想」「実装」「執行」すべてのステージでサービスを提供

概要

自動車・産業機械業界の企業がグローバルに標準ビジネスプラットフォームを装備する上で、アクセンチュアは、構想、実装、執行の3つのステージすべてにわたったサービスを提供します。


1. “構想”のサービス
SCM/会計業務、IT資産、IT業務を一体的に捉えた、ビジネスプラットフォームの青図を描出

  • 海外事業の成長ストーリーと整合させて
  • 全く新しい発想で
  • 成り行きベースでなく、計画的に

2. “実装”のサービス
構想に沿って、業務を標準化し、標準システムを構築

  • 信頼性の高いプロジェクト管理の下で
  • 標準部品を利用し、スピーディに
  • オフショア拠点を活用し、効率的に

3. “執行”のサービス
標準化されたSCM/会計業務・IT業務の代行、およびIT資産のオフバランス化

  • 外部資源の活用により、資源制約のない形で
  • 自前での執行よりもむしろ高い透明性を持って
  • 継続的な効率化の実現をコミットして



ビジネスの急拡大に、低コストで簡単に対応できる仕組みであること、グループ/グローバルで1つのオペレーションを支える、統合された1つの仕組みであること…それが、グローバル標準業務・IT構築のポイントです。

  1. 新規事業の追加、業務の新規展開、エリア・国、チャネル追加などがあった場合
    • グローバル3極のシェアードサービス拠点から、標準化されたアウトソース業務サービスが提供できる(業務アウトソース例: 生産管理アウトソース、経理・人事業務のアウトソース、設計開発(作図等)アウトソース、バイヤー業務アウトソースなど)。
    • マスタの追加・パラメータ設定をして接続すれば、共通のシステムがすぐに使える。

  2. 事業が急拡大しても、追加投資が不要で、運用コストや管理工数の増加が抑制できる。

  3. どの国からでも、同様のシステムにアクセスができ、マルチ言語・マルチ通貨を扱えるようになる。

  4. ハードウェアやロケーションに依存せずに、どんな端末からでもアクセスができ、業務のアプリケーションを使えるようになる。



お問い合わせ


お客様導入事例その他、開示可能な情報もあります。
詳細な資料をご希望の方はアクセンチュア製造・流通本部までお問い合わせください。

TEL:03-3588-4453 (製造・流通本部直通)

お問い合わせフォーム