Skip to main content Skip to Footer

CAPABILITY


自動(補充)発注システム

日本における自動発注システム構築の6つのポイント

概要

EC・デジタルチャネルの伸長する中、リアル店舗ビジネスは増々効率化(その一方対面サービス強化)が求められています。

自動発注システムは、既に多くの企業が着手し、決して目新しい取り組みではないという見方もあります。しかし、それらは必ずしもうまく行っているとは限りません。自動発注のメリットを享受する一方、デメリットを生んでいるのが実状です。例えば、「基準在庫方式を導入するも、メンテナンスに追われ業務削減にならない」。「需要予測方式を導入するも、精度が悪く発注精度向上にならない」などが陥りやすい罠として挙げられます。

では、なぜ需要予測の精度は向上しないのでしょうか。日本の経営環境として、ストックが狭小かつ高回転店舗が多く、デイリーでの高頻度配送や高度な日別予測精度が必要であること。日本のカレンダー特性が独特かつ日別変動が大きく、一般的な需要予測アルゴリズムが通用しないことなどが原因です。

こうした日本市場を考慮した自動発注システムを構築するには、6つのポイントがあります。

開示可能な詳細データやPDFパンフレットもありますので、ご興味のある方はアクセンチュア製造・流通本部までお問い合わせください。

ビデオ

アクセンチュア 自動補充発注ソリューション
[Video, 4:27min]
Media help

お問い合わせ

製造流通本部では皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

TEL: 03-3588-4453 (製造流通本部直通)
お問い合わせフォーム