Skip to main content Skip to Footer

エネルギー

アクセンチュアのエネルギー産業グループは、バリューチェーン全体を視野に入れ、石油・ガス産業の各セグメントで焦点を絞ったコンサルティング、IT、アウトソーシング・サービスの提供を行っています。

概要

昨今の石油・天然ガス企業は複雑で絶え間なく変化する状況に置かれており、これまでにない斬新なアプローチを必要としています。

川でいえば上流に位置するエネルギー企業(原油探査や生産を行うアップストリーム企業)は、変動する商品(コモディティ)価格や埋蔵量に関する激しい競争に直面しており、困難な事業運営が強いられるような遠い場所へと出向かなければならないこともしばしばです。一方で川の下流に位置するエネルギー企業(精製やマーケティング、販売を行うダウンストリーム企業)は、精製能力の問題に立ち向かい、小売段階においては激しい競争と利益の縮小に直面しています。

新興経済国で事業を行っている精製会社もまた、政府に課せられた上限価格の影響で不安定になっている利幅に対応しなければいけません。ガス会社も需要と供給をバランスさせたり、主要な天然ガス産出地域へのアクセスを確保したり、費用がかさむ液化天然ガス(LNG)プロジェクトを延期すべきかどうかを変動する天然ガスの価格に基づいて評価したりする必要があります。

業界の各セグメントにはそれぞれに独自の課題がありますが、すべてのセグメントに共通の問題点も抱えています。たとえばエネルギー企業ではスキル不足と人材不足がますます深刻になっています。また、コストを抑えながら新しいテクノロジーにも投資しなければならず、これらはいずれも国際的な競争が激しさを増す中でその重要性が高まっています。そして最近直面している新たな課題としては、自社にとって何がコアビジネスであり何がそうでないのか、その判断が難しいことがあります。

アクセンチュアのエネルギー業界グループは、最近の変化の激しい事業環境の中を企業が前進するお手伝いをします。アクセンチュアは石油・天然ガス会社と協力し、彼らが抱える新たな課題に対応するための斬新かつ実践的なアプローチを開発します。お客様と協力して新たな機会を最大限に活用し、お客様が景気サイクルのあらゆる局面において、長期にわたって常に一定の成果を達成できるハイパフォーマンス企業になれるように支援します。

なぜアクセンチュアなのか

アクセンチュアのエネルギー業界グループは、石油・天然ガス業界の各セグメントに的を絞ったリソースと資産を提供します。これには、世界中のアップストリームやダウンストリームの企業に提供するサービスや、石油・天然ガスのフィールド・サービスが含まれます。

アクセンチュアのアップストリーム・コンサルタントは、世界中の国際石油会社(IOC)や国営石油会社(NOC)と戦略や運営、IT、地質工学的処理、企業規模のソリューション、そしてITや人事、財務などの業務変革等の分野で協力します。

アクセンチュアの天然ガスグループは、国際石油会社やエネルギー商社、パイプライン運営会社、流通・販売会社などの天然ガスの処理や輸送を取り扱っています。注力する分野は、たとえば業務能力の開発やLNGの商業面での最適化、ガス田の操業、取引やリスクの管理、投資計画の管理などです。

アクセンチュアのダウンストリーム・エネルギー・グループは、精製や卸売・小売マーケティング、潤滑油事業、設備資産、炭化水素サプライチェーンなどの改善や管理を支援します。

サービス

エネルギー企業は、複雑かつ変化の激しい環境にあり、スキルと人材の不足、コスト削減の圧力、新たなテクノロジーへの投資の必要性など、様々な課題を抱えています。アクセンチュアのエネルギー産業グループは、バリューチェーン全体を視野に入れ、この変化の激しい環境におけるナビゲート役としてクライアント企業を支援するため、石油・ガス産業の各セグメントで焦点を絞ったサービスの提供を行っています。

エネルギー業界全般

  • アクセンチュア・プラント・アンド・オートメーション・ソリューション

  • 商品取引およびリスク・マネジメント

  • エネルギー・ビジネス・プロセス・マネジメント

  • 製造実行システム(MES)

石油開発

  • ガス産業向けサービス

精製/マーケティング

  • エネルギー産業下流部門向けサービス

アウトソーシング

  • エネルギー産業向けアウトソーシング・サービス

テクノロジー

  • エネルギー産業向けアドバンスト・エンタープライズ・ソリューション

  • SAP対応アドバンスト・エンタープライズ・パフォーマンス・マネジメント・ソリューション

刊行物・記事・調査研究

エネルギー産業に関するアクセンチュアの最新の研究・調査、寄稿記事、刊行物・書籍など豊富なナレッジをご紹介します。