Skip to main content Skip to Footer

インダストリー
X.0

概要

テクノロジーの進化により、デジタル空間と現実世界の境界は薄れてきました。今や、ネットワークへの常時接続に対応したインテリジェントなシステムが、バリューチェーンのあらゆる工程においてシームレスにビジネスをサポートしています。

この変革によって企業が得るメリットは、コスト削減や効率性向上にとどまりません。大幅なスピードアップや規模の拡大も期待できます。よりスマートな製品やサービスも生まれます。“破壊される側”から“破壊する側(ディスラプター)”へ進化することも可能になります。

概要

背景

インダストリーX.0 / IIoTとは?

ドイツで産官学が連携し推進するインダストリー4.0、米国のインダストリアル・インターネット・コンソーシアム(IIC)、中国のメードイン・チャイナ2025など、デジタル化による破壊的な変化をいち早く捉え、社会的価値に変換することを意図した取り組みが世界中で推進されています。

アクセンチュアが提唱する「インダストリーX.0」というコンセプトは、それらの動きを包含し、破壊的変化に対処するための道しるべです。

デジタル化されたバリューチェーンを構築する、高度につながったインテリジェントなシステム、すなわちIIoTにより実現する第4次産業革命が、インダストリーX.0の根幹をなしています。

インダストリーX.0により、製造業およびそこではたらく従業員の在り方は大きく変化しつつあります。

デジタル化

デジタル化

デジタルテクノロジーによって、ハイテク機器から産業機器まで、あらゆる分野の生産プロセスに変化が生じています。

産業化

産業化

バリューチェーンの根幹部分の改善と進化を目的に、先進企業の多くは、すでにこれらデジタルテクノジーの統合を進めています。

最適化

最適化

革新的な企業は、シンプルな製品であっても、製造プロセスの強化・見直しが成長の新たな機会につながることを認識しています。



次なる産業革命

インダストリーX.0は、通信、IT、データ、物理的要素が結合したサイバー・フィジカル生産システムが基盤となっています。

サイバー・フィジカル生産システムは、従来の工場を次世代型の工場へと変えます。そこでは、機械が製品や他の機械と「対話」し、意思決定に不可欠なデータをモノが提供し、情報がリアルタイムで処理・配信されます。その結果、産業のエコシステム全体が大きく変わることになります。

テクノロジーの進化とスマートデバイス
Water and steam icon Division of labor and electricity icon Electronics and IT icon Cyber physical production systems icon 次なる産業革命 インダストリー1.0 インダストリー2.0 インダストリー3.0 インダストリー4.0















次世代の工場を
実現するテクノロジー

ソーシャルメディアコラボレーション データ・ベロシティ(速度)

ソーシャルメディア

データ・ベロシティ(速度)

コラボレーション

次世代の工場(スマートファクトリー)

次世代の工場(スマートファクトリー)

クラウド アナリティクス/ビッグデータ id= あらゆるモノがつながる(Connected everything) センサー&アクター・ネットワーク

クラウド

アナリティクス/

あらゆるモノがつながる

センサー&アクター・


ビッグデータ

(Connected everything)

ネットワーク

ソーシャルメディア
コラボレーション
データ・ベロシティ(速度)


次世代の工場(スマートファクトリー)

クラウド
クラウド
アナリテビッグデータィクス
アナリテビッグ
データィクス

あらゆるモノがつながる
(Connected everything)
センサー&アクター・
ネットワーク



次世代の工場(スマートファクトリー)は、あらゆるテクノロジーにより支えられています。クラウドにより新たなレベルの拡張性、柔軟性、即応性が実現でき、アナリティクスとビッグデータによって大量のデータからリアルタイムで洞察を得ることが可能となります。

また、「あらゆるモノがつながる(Connected everything)」ことで、パーソナルなやり取りを自動で行う新たな方法が生み出されています。そして、センサー&アクター・ネットワークにより機械の動きは自動制御され、ソーシャルメディアによって組織の内外で新たな形のコラボレーションが次々に生まれます。さらに、データ・ベロシティ(速度)技術によって分析に基づくリアルタイム意思決定が可能となります。

インダストリーX.0に関するお問い合わせは、下記リンク先のフォームよりご連絡ください。

CAREERS