Skip to main content Skip to Footer

INCLUSION & DIVERSITY


ダイバーシティが
生み出す

価値

サプライヤー向けインクルージョン
&サステナビリティ

概要


サプライヤーを正しく選定することで、企業はいくつもの変化を生み出すことができます。サプライチェーンやバリューチェーンにおけるインクルージョンが、コミュニティ全体に活力を与え、持続可能性やイノベーションを促進します。アクセンチュアは、お客さま、サプライヤー、そしてコミュニティのために長期的な価値を創出できる、インクルーシブで、エシカルかつ持続可能な調達活動の推進に取り組んでいます。

数十億ドル規模に上るサプライチェーンでは、購買力を活用してグローバルでプラスの変化を主導し、オンラインの世界でのインクルージョンを促進することが可能です。

アクセンチュアは複数の会員団体と協力し、世界中で多様性のある企業に機会を提供しています。この中には例えば、以下のような団体が挙げられます。

  • ウィコネクト インターナショナル(14カ国で提携)
  • 全米女性経営者企業評議会(WBENC)
  • 全米マイノリティサプライヤー育成評議会(NMSDC)
  • 全米LGBT商工会議所(NGLCC)
  • Disability:IN
  • MSD-UK

2018年、アクセンチュアのサプライヤー向けインクルージョン&ダイバーシティ・プログラムは、DiversityIncにより、第1位に選ばれました。

これは私たち一人ひとりが、数値だけに囚われず、単なる作業をこなすのではなく、要求をはるかに上回る活動に取り組んでいるからです。

アクセンチュアのサプライヤー向けインクルージョン&ダイバーシティ・プログラムの詳細は、コーポレート・シチズンシップ・レポートをご覧ください。



「インクルーシブな調達活動は、お客さまとコミュニティのために長期的な価値を創出できるだけでなく、アクセンチュアが機動的かつ革新的に、市場の先頭を走り続けるために必要なものであると考えています。」

カイ・ノヴォセル

チーフ・プロキュアメント・オフィサー


動画のトランスクリプト全体をダウンロード [PDF]

アクセンチュアが、国連グローバル・コンパクトへのコミットメントを通じて全世界に広がるサプライヤーに求めている、環境、社会、ガバナンス上の要件を説明する動画をご覧ください。

多様性のあるサプライヤー開発プログラム

アクセンチュアは「多様性のあるサプライヤー開発プログラム Diverse Supplier Development Program (=DSDP)」において、多様性のある企業(マイノリティー、女性、障がい者、LGBT、退役軍人等がオーナーの企業)との関係を築き、拡大していくという取り組みをしています。

これは12カ月~18カ月にわたる正式なプログラムで、アクセンチュアのシニアエグゼクティブが、多様性のある「新興」サプライヤー企業のメンターとなり、その成長を支援します。この取組は最終的に、アクセンチュア自身、お客さま、コミュニティが、こうした企業の革新的な貢献による恩恵を受けることにつながります。DSDPはアクセンチュアとお客さまのための戦略的な調達活動であると同時に、多様性のあるサプライヤーを開発することで、企業、雇用、経済成長を促進し、コミュニティを強化するものといえます。

DSDPは現在、以下の4カ国で展開されています。
カナダ、南アフリカ、英国、米国

お問い合わせ先

supplier.inclusion@accenture.comまでお問い合わせください(英語のみ)。

「当社の成長にとって一番大事な時期に、メンターは何年もの経験値を提供してくれました。そして、下すべき決断、とるべき(または避けるべき)リスク、進むべき進路を理解できるようにサポートしてくれました。さらに、成功したインクルーシブなビジネスリーダーとしての見解を示してくれました。これは、他では得られなかったものだと思います。」

ソニア・ベイツ

EDIT Development、メンターのマーク・ビートン(アクセンチュアのシニア・マネージング・ディレクター)に関して

インクルーシブなグローバル・サプライチェーンを構築

インクルーシブなグローバル・サプライチェーンを構築

サプライヤー向けインクルージョン&ダイバーシティ・プログラムは17カ国に広がり、インクルーシブで活力ある市場の推進に役立っています。

多様性のある企業をサプライチェーンに組み込むことで、お客さまに対して、革新的で対応力があり、費用面でも競争力のある調達ソリューションを提供します。

詳しい成果については、アクセンチュアのコーポレート・シチズンシップ・レポートで、サプライチェーンのセクションをご覧ください。

お問い合わせ

関連コンテンツ