Skip to main content Skip to Footer

EVENT


イベント/セミナー 2017年5月

アクセンチュアが2017年5月に開催・参加するイベント/セミナーの一覧。お客さまがより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、当社はイベントやセミナーを通じてさまざまな情報を提供しています。

2017年5月24日(水)

CIP セミナー
「グローバルの電力会社におけるサイバーセキュリティへの取り組みと情報共有の重要性について」

【開催概要】
開催日時:

2017年5月24日(水)14:00 – 17:30 (13:30受付開始)

会場:  イイノホール
受講料: 無料(事前登録制)
定員: 80名
共催: アクセンチュア株式会社、マカフィー株式会社
対象業種:

電力会社様、ガス会社様、新電力会社様

※アクセンチュアの競合他社に当たる方は受講をご遠慮ください。

対象職種: 経営層および各部門の業務を推進・統括する立場にある方々
詳細・お申し込み方法:

CIP セミナー「グローバルの電力会社におけるサイバーセキュリティへの

取り組みと情報共有の重要性について」お申し込みページ

(別ウィンドウで開きます)

締め切り: 2017年5月16日(火)

【アジェンダ】

※講演内容は都合により変更になる場合もございます。予めご了承ください。

13:30 受付開始
14:00-14:05

開会ご挨拶

アクセンチュア株式会社 素材・エネルギー本部
公益事業部門統括 マネジング・ディレクター
宮脇 良二
14:05- 14:25

第1部「グローバルにおける電力業界のサイバーセキュリティ強化に向けた情報共有体制の動向について(仮)」

マカフィー株式会社 サイバー戦略室 
シニア・セキュリティ・アドバイザー CISSP 
佐々木 弘志
14:25-14:55

第2部「日本における状況 電力ISACの概要について」

 電力ISAC 事務局長
阿部 克之 様
14:55-15:25

第3部「緊急開講:最新のサイバー攻撃と電力会社への影響」

アクセンチュア株式会社 素材・エネルギー本部
シニア・マネジャー
藤井 大翼
15:25-15:45 ネットワーキング・コーヒーブレイク
15:45-16:25

第4部「米国における電力業界のサイバーセキュリティ強化に向けた情報共有体制の動向について(仮)」

ポートランド・ゼネラル・エレクトリック 
CIP プログラム マネジャー
スコット スミス

16:25-17:15

第5部 「パネルディスカッション」・質疑応答

モデレーター:
マカフィー株式会社 佐々木 弘志
パネリスト:当日のスピーカー全員参加
17:15-

総括

マカフィー株式会社
代表取締役社長 山野 修 様

2017年5月23日(火)

Teradata Universe2017
~データとアナリティクスを活用し、ビジネスにイノベーションを

アクセンチュアは、日本テラデータ株式会社主催の「Teradata Universe2017」にダイヤモンドスポンサーとして協賛し、デジタルコンサルティング本部シニア・プリンシパルの佐々木彰が「デジタル変革の実現に向けた新たなアプローチ」と題し、講演いたします。

【開催概要】
日時:

2017年5月23日(火)10:00 ~ 19:00(受付開始:9時30分)

会場: ザ・キャピトルホテル東急
主催: 日本テラデータ株式会社
対象: テラデータのユーザー企業・団体、導入検討企業・団体、これら企業・団体の情報システム子会社、およびパートナー企業の皆様
お申し込み: 事前登録制(無償)お申し込みページへ(別ウィンドウで開きます)
お問い合わせ先: テラデータ・ユニバース事務局 Teradata-Event.JP@Teradata.com

※同業他社、個人、学生の方などのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

※終了時刻、プログラム内容は、セッション構成の関係で変更となる場合がございます。




【プログラム】

アクセンチュア講演のみ抜粋

16:30 - 17:10 デジタル変革の実現に向けた新たなアプローチ
アクセンチュア株式会社 デジタルコンサルティング本部 
シニア・プリンシパル 
佐々木 彰

概要:
多くの企業がデジタル変革を目指し、対応を模索しています。アクセンチュアも、様々な企業のデジタル変革に向けた取り組みを支援して参りました。直近では、事業会社とともに合弁会社を設立し、パートナーとしてデジタル変革を推進する形でのご支援も行っています。本セッションでは、今年4月に開業したKDDIとアクセンチュアの合弁会社であるARISE analytics(アライズ アナリティクス)を例に、デジタル変革に向けたアプローチや具体的な取り組み内容をご紹介します。

※プログラムの時間割・講義内容および講演者は変更する場合があります。