Skip to main content Skip to Footer

VOICES


イベント/セミナー 2015年6月

アクセンチュアが2015年6月に開催・参加するイベント/セミナーの一覧。お客さまがより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、当社はイベントやセミナーを通じてさまざまな情報を提供しています。

2015年6月3日(水)


3DEXPERIENCE FORUM JAPAN 2015
アクセンチュアは、2015年6月3日(水)~4日(木)に開催されるダッソー・システムズ株式会社主催「3DEXPERIENCE FORUM JAPAN 2015」にて、3日16時20分より「設計開発グローバル競争時代 日本人エンジニアが付加価値を創出するには」について講演を行います。

【開催概要】
日時: 2015年 6月3日(水) セッション:9:00~17:50(受付開始8:15~/展示会場12:00~)
2015年 6月4日(木) セッション:10:00~15:50(受付開始9:00~/展示会場9:00~)
主催: ダッソー・システムズ株式会社
会場: ウェスティンホテル東京(別ウィンドウで開きます)⇒
〒153-8580
東京都目黒区三田1-4-1 ガーデンプレイス内
参加費: 無料(事前登録制)
申込締切予定日: 2015年6月1日(月) 18:00
対象業種: 産業機械業界
対象職種:
  1. 企業経営層の方々
  2. 下記の部門において業務に携わる方々、業務を推進・統括する立場にある方々
    A) 企業経営、経営企画部門
    B) 情報システム、IT推進部門
    C) 製品企画、設計、製造部門
    D) 品質保証、品質管理部門
    E) 研究開発部門
    F) 営業企画、マーケティング部門
    ※同業他社様からのご登録は、お断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
詳細・
お申し込み方法:
「3DEXPERIENCE FORUM JAPAN 2015」ページへ
※締切日の前でも事前登録者が定員を超えた場合、ご希望のセッションにご参加いただけないことがございます。お早めにご登録ください。
【プログラム】 アクセンチュア講演のみ抜粋
6月3日(水)
16:20~17:00

設計開発グローバル競争時代 日本人エンジニアが付加価値を創出するには

アクセンチュア株式会社
製造・流通本部
マネジング・ディレクター
相馬 修吾


講演概要:
近年の製品のハイテク化は多機能・高機能化を生み、設計開発の業務量は増加の一途を辿っている。また、日米欧に加えて新興国が市場として台頭し、顧客の細分化された嗜好を満たすべく多様な派生製品が求められるようになってきている。海外市場で売れる製品を開発し続け、かつ膨大な業務量に対応していくには、設計開発業務も人口減少が進む日本だけではなく、グローバル化を進めることが必須である。設計開発のグローバル化は既に中国やインド、ASEAN諸国にて進められており、労働コストの安い国へのソーシングシフトを加速させる中で、日本人エンジニアがいかに付加価値を創出していくのか。

2015年6月9日(火)

東洋経済フォーラム CPM&BI クラウドフォーラム2015――なぜ今、財務管理・予算管理・業績管理にクラウドなのか?その鍵は、リアルタイム集計とフレキシブルな分析・レポート作成、そしてスピーディーなシステム実装
アクセンチュアは、Adaptive Insights株式会社/株式会社東洋経済新報社共催「CPM&BI クラウドフォーラム2015」をサポートしています。
基調講演として2015年6月9日14:20~15:00に「クラウド活用による経営管理の改革を行う為に必要な事とは」をテーマに講演を行います。

【開催概要】
日時: 2015年6月9日(火) 13:30~16:45(受付開始12:50~)
会場: コングレスクエア日本橋 ホールA+B(別ウィンドウで開きます)⇒
〒203-0004
東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル2階
参加費: 無料(事前登録制)
定員: 150名
申込締切予定日: 2015年6月8日(月)
※定員になり次第締め切らせていただきます。
対象業種: 全業種
対象職種: 企業経営者、CFO、財務・経理部門、経営企画部門、情報システム部門の部門長など
詳細・
お申し込み方法:
「東洋経済フォーラム CPM&BI クラウドフォーラム2015」お申し込みページへ(別ウィンドウで開きます)
【プログラム】
13:30~14:20

主催者講演
「戦略的財務管理の新スタイル」 ~スピーディーな経営判断実現のために~

Adaptive Insights株式会社 米国本社
インターナショナルセールス & グローバルチャネル担当
上級副社長 キャロリー・ギアハート氏

Adaptive Insights株式会社
日本法人代表 小岸 秀樹氏

14:20~15:00

基調講演
「見える化」から「つなぐ化」へ ~新しい情報から示唆を得る新しい経営への変革~

アクセンチュア株式会社
テクノロジーコンサルティング本部 財務・経営管理グループ
マネジャー 工藤 高嗣

15:15~16:00

事例ディスカッション
「予算編成の現場で起きている共通課題とその解決」

【モデレーター】
Adaptive Insights株式会社
日本法人営業統括 吉岡 賢司氏

【パネリスト】
富士通コミュニケーションサービス株式会社
コーポレートサービス本部 財務経理部
担当課長 藤田 重則氏
株式会社リクルートキャリア
中途事業本部 事業企画統括部 事業企画部 統括グループ
池内 遼氏

※そのほかのパネリストは調整中

16:05~16:45

ソリューションセッション
「Excel依存からの脱却! Adaptiveで改善する予算策定プロセス」

Adaptive Insights株式会社
日本法人ソリューション統括 篠原 史信氏

2015年6月10日(水)

次世代型Webサイトによる顧客接点強化とビジネスの変革
アクセンチュアは、アバナード株式会社、サイトコア株式会社、日本マイクロソフト株式会社と共催で「次世代型Webサイトによる顧客接点強化とビジネスの変革」をテーマとしたセミナーを開催致します。

デジタルマーケティングによるビジネスの変革が経営者層から求められてきている昨今、Webサイトは単なる情報の掲示板ではなく、顧客接点をより強化してビジネスに直結させる役割が求められてきています。そのためにはWebサイトの構築や運用を広告の一環として代理店に丸投げをする従来のやり方ではなく、自社ビジネスの観点で事業戦略をデジタルマーケティングに落とし込む方法をしっかりと見定めることが重要です。

当セミナーでは日本通運様を基調講演の講師としてお迎えし、アジアへ進出する日本企業を支援するための画期的なデジタルマーケティング基盤の事例についてご講演いただきます。

また、先端企業におけるデジタルマーケティングの最新潮流や、ビジネス価値訴求を実現するために押さておくべき勘所、そしてクラウドを活用したIT基盤についてご紹介いたします。

本セミナーへの参加は無料ですが、事前の申し込みが必要になります。お申し込みの受け付け締め切りは6月3日(水)です。

【開催概要】
日時: 2015年6月10日(水) 9:30~ 12:00(受付開始9:00~)
共催: アクセンチュア株式会社、アバナード株式会社、日本マイクロソフト株式会社、サイトコア株式会社
会場: マイクロソフト 品川グランドセントラルタワー セミナールーム(別ウィンドウで開きます)⇒
〒108-0075
東京都港区港南 2-16-3 品川グランドセントラルタワー
参加費: 無料(事前登録制)
定員: 50名
対象業種: 製造、食品、消費財、通販、小売り
対象職種: 広報・宣伝・マーケティング、営業企画、経営企画、情報システムなど
詳細・
お申し込み方法:
次世代型Webサイトによる顧客接点強化とビジネスの変革セミナーお申し込みページへ(別ウィンドウで開きます)
【プログラム】
9:30~9:35

ご挨拶

日本マイクロソフト株式会社

9:35~9:45

Owned Mediaの市場の潮流

アクセンチュア株式会社

9:45~10:15

アジア新興国250万人ヘの売上直結型O2Oデジタルマーケティング

日本通運株式会社
事業開発部
係長
石田 和也 氏


講演概要:
日本通運では、アジア新興国へ商品やサービスを展開する日本企業向けに、Facebook 250万人のファンとサイト会員18万人のデータを基にした、現地のマーケティング活動を支援する「マーケティングプラットフォーム」サービスを提供しています。

本サービスでは、商品やサービスの認知拡大から購買意欲の向上、店舗での購入、さらには口コミによるファンづくりまでのサイクルを、ソーシャルメディア上の情報拡散や購入までの行動解析の結果に基づき、最新のデジタル施策を活用することで実現させていきます。

単なる広告掲載やデータ分析にとどまらない、商品の売上に直結したアジア新興国向けの新しいO2O(online to offline)デジタルマーケティングの概要を紹介します。

10:15~10:45

Owned Mediaを盛り上げるマーケティングオペレーションの肝

アクセンチュア株式会社
シニアマネジャー
稲川 直樹


講演概要:
盛り上がっているサイトと盛り上がっていないサイトでは何が違うのでしょうか?なぜ、違うのでしょうか? コンテンツ・プロモーション・ユーザーへのレスポンス・データ分析などデジタルマーケティングの現場で何が行われているのかを以下の観点で解説します。

(1)魅力的なコンテンツ  ~カテゴリNo.1の情報発信基地を目指す

(2)ユーザーフレンドリのレベル感 ~友達付き合いのようなハイタッチコミュニケーション

(3)ビッグデータの限界の超え方 ~ITとマーケティングをつなぐ思考回路

(4)目標を達成するチーム ~現場の強いコミットメントとPDCAサイクルのスピード

10:45~10:55

休憩

10:55~11:25

「個客」視点のコミュニケーションを実現するWebサイトの仕組みとは

サイトコア株式会社
マーケティング グループ
本部長
片桐 佳江


講演概要:
Webサイトは企業とお客様とを結びつける重要な接点の1つです。その一方で顧客が主役の時代に、全く関心のないコンテンツやプロモーションが表示されるWebサイトに対して多くの人は不満に感じています。この課題を解決するために本セッションでは、「個客」視点のコミュニケーションを通して顧客接点強化を実現するWebサイトの構築基盤について解説します。

11:25~11:55

会員16万人の基盤を4ヶ月で構築した顧客接点サイトの事例紹介

アバナード株式会社
ソリューションアーキテクト
ディレクター
高橋 秀


講演概要:
デジタルマーケティングを成功させるためにはスピード感が重要です。しかしながら、システム構築に時間が掛かる、IT部門への負荷が高いなど、ITが事業立ち上げの遅延要因になることもあります。それらの問題を解消し、デジタルマーケティング基盤をわずか4ヶ月で構築するポイントを会員数16万人のポータルサイト事例を交えて解説します。