Skip to main content Skip to Footer

ニュースリリース

アクセンチュア株式会社
2017年11月13日

アクセンチュア、三井住友フィナンシャルグループにおける先進的な自動化ソリューション導入を通じたデジタル変革を牽引

先進的な自動化ソリューションの実装と業務改革を組み合わせ、SMFGにおける業務効率と生産性の向上に貢献

【東京発:2017年11月13日】
アクセンチュア株式会社(東京都港区、代表取締役社長: 江川 昌史、以下アクセンチュア)は、株式会社三井住友フィナンシャルグループ(執行役社長グループCEO:國部 毅、以下「SMFG」)が推進するデジタル変革のパートナーとして全社規模のプロジェクトを牽引し、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ソリューションの実装にとどまらず、業務改革を組み合わせることで、SMFGの業務効率と生産性の向上に貢献しました。

急速に進展するデジタルテクノジー活用の巧拙が、金融機関の生産性を大きく左右する時代を迎えています。昨年来、本邦ならびに海外の金融機関においても急速に注目をあびているRPAもその一つです。

今回、アクセンチュアは、人と技術が融合したデジタル化時代における新たなオペレーションモデルの確立にむけて、RPA導入の実行戦略・技術検証・ロードマップ策定や全社レベルでのRPAガバナンスの向上を図るガイドラインの策定など、一貫して支援しました。

また、全社規模でのプロジェクト牽引に加えて、リスク管理部門・市場部門・投資銀行部門・外為業務などを対象に、UiPath社のRPA技術を活用したソリューションの開発・導入を担いました。導入にあたり、アジャイル開発手法を適用することで短期間でのRPA実装を可能にしました。

株式会社三井住友フィナンシャルグループ 企画部 業務改革室 副室長の山本慶氏は次のように述べています。「この大規模な業務変革プロジェクトを推進するにあたり、グローバルベースで先進的な知見を有し、業務分析からTo-Beモデル設計、実装に至るまでシームレスに質の高いサービスを提供可能なアクセンチュアと取り組んだからこそ、このような大きな効果を短期間で実現することが出来ました。引き続き、グループベースで圧倒的な生産性向上、強靭なコスト体質の実現を目指していきます。」

アクセンチュア株式会社 金融サービス本部 銀行グループ統括 マネジング・ディレクターの宮良 浩二は次のように述べています。「RPAの特性は、短期間・低コストで業務自動化が可能な点にあります。つまり、単純大量業務のみならず、複雑少量業務の効率化にも十分なROIを期待し得る技術と言えます。今回、最新テクノロジーの活用を通して、SMFGの生産性向上に貢献できたことをうれしく思います。」

アクセンチュアは、国内外の金融業界におけるRPA導入、デジタルトランスフォーメーションの実績・知見を強みに、短期間での効果創出に貢献しています。HfSリサーチ社が各社のRPA戦略と展開について2016年12月に発行したレポート「2016 RPA Premier League Table」において、アクセンチュアは「Transformation Enablers(変革の実現)」部門のナンバーワン企業に選出されています。
*出典HfS Research 「2016 RPA Premier League Table」(2016年12月)

アクセンチュアでは、今後もSMFGが推進する先進テクノロジーの活用による生産性改革や働き方改革を支援していきます。


アクセンチュアについて

アクセンチュアは「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供する世界最大級の総合コンサルティング企業です。世界最大の規模を誇るデリバリーネットワークに裏打ちされた、40を超す業界とあらゆる業務に対応可能な豊富な経験と専門スキルなどの強みを生かし、ビジネスとテクノロジーを融合させて、お客様のハイパフォーマンス実現と、持続可能な価値創出を支援しています。世界120カ国以上のお客様にサービスを提供するおよそ42万5,000人の社員が、イノベーションの創出と世界中の人々のより豊かな生活の実現に取り組んでいます。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。


【報道関係の方のお問い合わせ先】

アクセンチュア株式会社
マーケティング・コミュニケーション部
神田 健太郎
TEL: 045-330-7157(部門代表)
Email