Skip to main content Skip to Footer

ニュースリリース

2016年10月26日
アクセンチュア株式会社

関西電力が開始する新たなソーシャル イノベーション推進活動の展開を支援

地域を盛り上げ、社会に貢献する活動をポイントプログラムを通じて応援する新たなサービスにおいて、基本スキーム策定、および対象プロジェクトの発掘を担当

【東京発:2016年10月26日】
アクセンチュア株式会社(東京都港区、代表取締役社長: 江川 昌史、以下アクセンチュア)は、関西電力株式会社(大阪府大阪市、取締役社長: 岩根 茂樹、以下関西電力)が2016年11月1日に開始する、新たなソーシャル イノベーション推進活動 「はぴeポイント みんなでわっしょい!プログラム」(以下本プログラム)の展開に向けた支援を行ったことを発表します。

本プログラムは、関西電力のユーザーが、同社のサービスを利用することによって付与される「はぴeポイント」を、以下の7つの地域を盛り上げ、社会に貢献するプロジェクトから、各自の意向に沿ったプロジェクトを選定、保有するポイントを使って応援するプログラムです。集まったポイントで、iPS細胞の研究開発支援、東京湾の江戸前のお魚・貝を増やすための支援、神戸ルミナリエの継続開催支援などが行われます。

<<技術・産業>>
・京大iPS細胞研究所に安定した研究支援体制を!(京都大学iPS細胞研究所)

<<文化・伝統>>
・あなたの応援で「神戸ルミナリエ」を灯そう!(神戸ルミナリエ組織委員会)
・匠の技を子どもたちへ!おもちゃ美術館リニューアル(認定NPO法人日本グッド・トイ委員会)

<<環境・自然>>
・江戸前お魚、貝 増やそうプロジェクト(東京湾大感謝祭実行委員会)
・日本三景・天橋立の保全活動に応援を!(天橋立を世界遺産にする会)

<<社会・教育>>
・ひとり親家庭の子どもの貧困を防ぎ未来を支える(認定NPO法人フローレンス)
・犬猫の殺処分ゼロへ 里親PR動画を作りたい!(株式会社Easy Communications)

本プログラムによって関西電力のユーザーは、今後の日本のさらなる活性化や地方創生等に資する先進的なプロジェクトに対して、より主体的かつ手軽に支援を行うことが可能になります。

アクセンチュアは、本プログラムのスキーム策定支援ならびに対象となるプロジェクトの発掘支援を行いました。

関西電力 常務執行役員 お客さま本部長代理 彌園 豊一氏は次のように述べています。「当社は、電力の小売全面自由化後の競争市場において、お客さまの選択肢が拡大する中、より多くのお客さまに選び続けていただけるよう多様な料金メニューや魅力あるサービスの提供に取り組んでいます。その一環として、今回は『はぴeポイント』を活用して、地域振興や社会貢献を目的とした活動を応援する『はぴeポイント みんなでわっしょい!プログラム』を展開することとしました。今後も引き続き、「お客さまと社会のお役に立ち続ける」ことを最大の使命として、一人でも多くのお客さまに当社の料金メニューやサービスをお選びいただき、満足いただけるよう取り組んでまいります。」

アクセンチュア 執行役員 素材・エネルギー本部 統括本部長 五十嵐 慎二は次のように述べています。「電力自由化市場は、今後1、2年の期間で急速に普及・拡大するクリティカル・マスを迎えると予測されています。電力事業者は、今まで以上に顧客の維持獲得に注力する必要があります。本プロジェクトは、電力事業者が社会に新たな価値をもたらす画期的なプログラムであり、本プログラムを関西電力と共に実現できることを、大変うれしく思っています。」

「はぴeポイント みんなでわっしょい!プログラム」は、2016年11月1日よりこちらのサイトで開始されます。


アクセンチュアについて

アクセンチュアは「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供する世界最大級の総合コンサルティング企業です。世界最大の規模を誇るデリバリーネットワークに裏打ちされた、40を超す業界とあらゆる業務に対応可能な豊富な経験と専門スキルなどの強みを生かし、ビジネスとテクノロジーを融合させて、お客様のハイパフォーマンス実現と、持続可能な価値創出を支援しています。世界120カ国以上のお客様にサービスを提供するおよそ38万4,000人の社員が、イノベーションの創出と世界中の人々のより豊かな生活の実現に取り組んでいます。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。


報道関係の方のお問い合わせ先

アクセンチュア株式会社
マーケティング・コミュニケーション部
神田 健太郎
045-330-7157

E-Mail