Skip to main content Skip to Footer

ニュースリリース

2016年10月24日
アクセンチュア株式会社

アクセンチュア、人工知能を活用した
NTTコミュニケーションズの新サービスで協業

多様な業務の自動化、意思決定の迅速化や正確性の向上を支援

【東京発:2016年10月24日】
アクセンチュア株式会社(東京都港区、代表取締役社長: 江川 昌史、以下アクセンチュア)は、NTTコミュニケーションズ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長: 庄司 哲也、以下NTT Com)が2016年10月31日に提供を開始する、人工知能サービス「Communication Engine “COTOHATM”」(以下COTOHA)の国内展開において、NTT Comと協業したことを発表します。

本協業においてアクセンチュアは、海外において先行する豊富な人工知能ソリューションの導入実績を踏まえて、特に企業のコンタクトセンターや店頭における問い合わせ対応業務などの領域において、国内のお客様に向けたCOTOHAの提案活動を強化するとともに、導入および運用にいたるまで、首尾一貫したサービスを提供してまいります。

COTOHAは、自然な会話によるコミュニケーションを通して、人間の意図を理解し、最適な解を提示することを可能とするバーチャル エージェントであり、NTTメディアインテリジェンス研究所による最新の日本語処理技術と、IPsoft社が持つ世界先端の人工知能プラットフォームであるアメリアが組み合わされています。COTOHAを用いることで、多種多様な業務の自動化や、意思決定の支援が可能になり、ビジネスに圧倒的なスピードと正確性をもたらします。

アクセンチュアでは2016年に、IPsoft社と共同で「Accenture Amelia Practice」を設立しています。今回締結したNTT Comとの協業は、国内におけるさらなるIPsoft社の技術を活用したソリューションの導入を加速させるものです。

NTTコミュニケーションズ株式会社 アプリケーション&コンテンツサービス部長 工藤潤一氏は次のように述べています。
「Communication Engine "COTOHA"は、NTTグループの過去40年に渡る日本語解析技術を余すことなく注入し実現させた、これまでのAIとは一線を画す高度なコミュニケーションを実現するSaaSサービスです。人手不足解消やコンタクト業務の多様化等のお客さまが抱く課題に対し、アクセンチュア社とのパートナリングにより経営視点を踏まえた本サービスの活用ソリューションを提供して参ります。」

アクセンチュア株式会社執行役員 デジタル コンサルティング本部 統括本部長の立花 良範は次のように述べています。「少子高齢化が進み、労働人口が不足する日本では、諸外国以上に人工知能による業務自動化や効率化が不可欠です。また、日本の高品質なサービスを人工知能に学習させる意義は非常に大きく、人工知能ソリューション導入は、日本でこそ進めるべき取り組みと考えています。さまざまな業界や職種において数多くの変革を実現してきた実績と、世界先端のバーチャル エージェント プラットフォームを提供するIPsoft社の技術を組み合わせることで、国内のお客様に最適な人工知能ソリューションの導入をご支援できると確信しています」

アクセンチュアが行った最新調査によると、業務プロセスに人工知能を組み込み、効率化を図ることによって、2035年の日本のGDPをその3倍以上にまで押し上げ、新たにおよそ2.1兆ドルもの付加価値を生み出す効果があると予測されています。


アクセンチュアについて

アクセンチュアは「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供する世界最大級の総合コンサルティング企業です。世界最大の規模を誇るデリバリーネットワークに裏打ちされた、40を超す業界とあらゆる業務に対応可能な豊富な経験と専門スキルなどの強みを生かし、ビジネスとテクノロジーを融合させて、お客様のハイパフォーマンス実現と、持続可能な価値創出を支援しています。世界120カ国以上のお客様にサービスを提供するおよそ38万4,000人の社員が、イノベーションの創出と世界中の人々のより豊かな生活の実現に取り組んでいます。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。


報道関係の方のお問い合わせ先

アクセンチュア株式会社
マーケティング・コミュニケーション部
神田 健太郎
045-330-7157

E-Mail