Skip to main content Skip to Footer

ニュースリリース

急速に拡大するインバウンド需要を、誰でも、手軽に狙える新サービス「インバウンド・サテライト」を発表

訪日外国人の位置情報に基づく効果的なプロモーション施策の実現が可能に

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス
アクセンチュア株式会社

【東京発、2015年12月16日】
株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大塚 浩司、以下Wi2)とアクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下アクセンチュア)は、誰もが手軽に、急速に拡大するインバウンド需要を狙うことができる新しい個人向けウェブサービス「インバウンド・サテライト(Inbound Satellite)」を発表します。

インバウンド・サテライトは、Wi2が2014年12月から提供を開始した、訪日外国人向けの無償Wi-Fiサービス「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリを国内にて利用している訪日外国人の情報を活用したサービスです。Wi2のWi-Fiアクセスポイントから生成される、匿名化された訪日外国人の位置情報データと、アクセンチュアのデータ分析基盤を組み合わせることで、訪日外国人の動態や使用言語などの情報に基づく効果的なプロモーション施策を、誰でも手軽に実現することが可能になります。

2015年10月までの訪日外国人の数は、すでに過去最高*1を記録しており、インバウンドビジネスにかつてない商機が訪れています。一方で、来日する観光客の60%以上*2は個人旅行者であり、入国後の動きをリアルタイムかつ定量的に把握することが難しく、この大きな商機を十分に活用できる状況にありませんでした。

インバウンド・サテライトは、個人単位でID登録が可能なウェブサービスです。主要都市のみならず、地方都市で外国人向け商機の拡大を目指す方々も手軽にお使いいただくことが可能であり、インバウンドビジネスの商機を地方にも波及させ得る、地方創生にも資するサービスとなっています。

*1 日本政府観光局  2015年11月18日 報道発表資料 [PDF, 1.29MB]より
*2 国土交通省 観光庁 「訪日外国人の消費動向(平成27年7-9月期 報告書)[PDF, 1.92MB]」より

Wi2とアクセンチュアは、インバウンド・サテライトから提供されるサービスの第一弾として、訪日している外国人観光客の動態をマップ上で可視化する「インバウンド・レーダー(Inbound Radar)」の提供を本日から開始します。

「インバウンド・レーダー」の概要

  • 自社の店舗等の周辺に、「どの言語を話す外国人」が、「どのくらいの人数が滞在しているのか」について、日次で更新される位置情報に基づいて、マップ上に可視化します
  • 前月比、前日比や、時間帯ごとの推移なども表示可能です
  • 「新宿」と「お台場」など、指定する地点間の相関関係を可視化することが可能です
  • 2015年12月31日までに登録いただいた方は、2016年1月末まで無償でお使いいただけます
  • インバウンド・レーダーの詳細、および申込は以下のURLを参照ください
    http://inbound-satellite.jp/

    「インバウンド レーダー」のサンプル画面 「インバウンド・レーダー」のサンプル画面

Wi2とアクセンチュアは今後、ユーザーが任意に設定するエリア内に滞在している外国人観光客に対して、特売情報やクーポン、お勧め観光スポットなどのコンテンツを「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリ経由で配信して、自店舗等に誘導するサービスもインバウンド・サテライトに組み込む予定です。

【「インバウンド・サテライト」と「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」】
「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」とは、訪日外国人が「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリをスマートフォンやタブレットにダウンロードし、位置情報や属性情報の提供を含めた利用規約に同意することで、全国200,000ヶ所以上にWi-Fiスポットを有する、Wi2の Wi-Fiサービスに無償接続を可能にするサービスです。「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリは、配信開始からわずか10カ月弱の2015年10月時点において累計100万超のダウンロード数となっており、現在も利用ユーザー数が拡大しています。

「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」では、主に大手企業・自治体様に向けて、訪日外国人ユーザーの位置や属性情報などが可視化されたWebレポートや、アプリを経由したコンテンツ配信サービスが提供されています。本日から提供を開始する「インバウンド・サテライト」は、「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」の簡易版サービスとして、個人単位で誰でも手軽にご利用いただけるよう開発されたサービスです。

株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス 代表取締役社長の大塚 浩司は次のように述べています。「Wi2が昨年12月にサービスを開始したインバウンドビジネス活性エコシステム「TRAVEL JAPAN Wi-Fi(TJW)」は約1年間で世界一の観光都市と評価された京都市様や、訪日外国人観光客需要の取り込みに積極的に取り組み、業績を伸ばされているドン・キホーテ様など、多くの自治体・企業様にご参加頂き、すでにその参加数は50団体・企業を超えており、日々拡大しております。また、世界中でTJWアプリをダウンロードされた外国人はすでに100万人を超えています。TJWでご提供している機能のひとつである「動線分析レポート」は、訪日外国人の動線を定量的かつ、月ごとや施策実施前後で相対比較ができる点などで非常に高いご評価を頂いております。2020年に向けてインバウンド市場が一層活性化していくにつれ、各団体・企業様の活動は、本部から地域、地域から各店舗へと、地域や店舗に根差したきめ細やかな施策を行うことが重要となってくると言われております。こうしたトレンドにお応えできるよう、この度、TJWの「動線分析レポート」の内容を、地域や店舗を中心に再編集した「インバウンド・サテライト」をご提供することと致しました。Wi2は本サービスを通じて日本中の皆様により身近にインバウンドビジネスを感じていただき、地域活性にもつながるサービスの提供を目指してまいります。」

アクセンチュア アナリティクス 日本統括 マネジング・ディレクターの工藤 卓哉は次のように述べています。「訪日外国人の匿名化された位置情報データが、アクセンチュアの卓越したアナリティクス技術とデータ分析基盤と組み合わされることによって、今まで捕捉が難しかった訪日外国人の動きが可視化され、より効果的なプロモーション施策の実行が可能となりました。インバウンド・サテライトによって、この当社が持つ先端技術が、より多くの方々のビジネス拡大に貢献できることとなり、大変嬉しく思います。また将来的には、過去の訪日外国人の動態情報から、今後どの地域に、どの属性の外国人の滞在が見込まれるかなど、アクセンチュアが持つ先端のアナリティクス技術を活用したサービスの投入も視野に尽力してまいります。」


Wi2について

Wi2はKDDIグループにおいて「公衆Wi-Fi専門事業者」に位置付けられ、企業・自治体ブランドでのFree Wi-Fiサービス提供に多くの実績を持つ通信事業者です。近年は、増加する訪日外国人向けの通信環境改善を目的とし全国最大20万ヶ所以上のWi-Fi スポットへの無償自動接続機能等を提供する「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」サービスを立ち上げるなど、インバウンド事業も行っています。
Wi2の詳細はhttp://wi2.co.jp/jp/をご覧ください。


アクセンチュアについて

アクセンチュアは「ストラテジー」「コンサルティング」「デジタル」「テクノロジー」「オペレーションズ」の5つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供する世界最大級の総合コンサルティング企業です。世界最大の規模を誇るデリバリーネットワークに裏打ちされた、40を超す業界とあらゆる業務に対応可能な豊富な経験と専門スキルなどの強みを生かし、ビジネスとテクノロジーを融合させて、お客様のハイパフォーマンス実現と、持続可能な価値創出を支援しています。世界120カ国以上のお客様にサービスを提供する35万8,000人以上の社員が、イノベーションの創出と世界中の人々のより豊かな生活の実現に取り組んでいます。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。


報道関係の方のお問い合わせ先

神田 健太郎
アクセンチュア株式会社 マーケティング・コミュニケーション部
045-330-7157

E-Mail