Skip to main content Skip to Footer

ニュースリリース

アクセンチュアとAWS、AWSクラウドへの移行とAWS上でのビジネス運用支援を行う新組織を設立

新設の「アクセンチュアAWSビジネス・グループ」は、アプリケーションの移行・開発・管理を支援するサービス・ソリューションを提供

【ラスベガス:2015年10月7日】
アクセンチュア(NYSE:ACN)とAmazon.com, Inc.(NASDAQ: AMZN)の関連会社であるAmazon Web Services, Inc.(AWS)は企業のビジネス基盤のクラウドへの移行を支援するための新組織「アクセンチュアAWSビジネス・グループ」の設立を発表しました。新設のアクセンチュアAWSビジネス・グループは、クラウドに関するソリューション構築や開発、マーケティング・セールス、事業開発などの専門性を持った両社の専門家によって構成され、コンサルティングとテクノロジーを融合したサービスを提供します。また、オンデマンドでITソリューションやビジネスサービスを利用できるAs-a-Serviceのデリバリーモデルによってビジネスの柔軟性や経済性を高め、企業の競争力強化を支援していきます。

デジタル化によって競争が激化する中、企業には変革のスピードを加速させつつも、コスト削減を進め、より柔軟で俊敏なITソリューションを活用することでビジネス価値を創出し続けることが求められています。こうした中、アクセンチュアAWSビジネス・グループでは、従来の社内プロセスの抜本的な変革を促し、IT部門の組織再編やレガシーシステム刷新、さらには事業活動を通じて得た様々なデータから効率的に価値を創出するための支援を行っていきます。また、新組織は、BPRやアプリケーションの移行サービスだけではなく、アーキテクチャ設計やAWSクラウド向けのアプリケーション開発などを組み合わせたサービスやソリューションを提供します。これによって、企業のイノベーション創出や新市場への参入、高いビジネス成果の実現に貢献します。

アクセンチュアとAWSは今後、アプリケーション移行やクラウドベースのアプリケーション開発、アナリティクスやビッグデータなどに関する新たなサービスや技術ソリューションを開発のために継続的に投資を行っていく予定です。また、新組織では、新たに1,000名のアクセンチュア社員にAWSのトレーニングプログラムを提供し、初年度にはそのうちの500名がAWSクラウドの認証を取得することを目指します。アクセンチュアAWSビジネス・グループは、最先端のAWS技術・方法論に加え、高度に自動化されたアプリケーション移行ツール、ビッグデータ・アナリティクス向けSoftware-as-a-service(SaaS)領域において高い専門知識を持つエキスパートで構成されます。

アクセンチュア 最高戦略責任者(CSO)オマール・アボッシュ(Omar Abbosh)は次のように述べています。「アクセンチュアAWSビジネス・グループは、アクセンチュアのクラウド・ファースト戦略を推進していくための主要組織の一つです。クラウドは、エンタープライズ向けのソリューションとしてもはや当たり前のものとなりつつあります。こうした中、アクセンチュアAWSビジネス・グループは、スピーディな企業変革、新規ビジネスの創出、投資効果の最大化といった企業の本質的な課題を解決するため、AWSを活用した最適なソリューションを提供していきます。」

AWSのセールス・マーケティングおよびサポート部門の副社長を務めるアダム・セリプスキー(Adam Selipsky)は次のように述べています。「現在、過去にないほど多くの企業が自社のビジネス変革を実現するためにAWSクラウドに移行することを決断しています。新設のアクセンチュアAWSビジネス・グループは、AWSへの移行で得られるビジネスの俊敏性という価値創出に貢献する組織です。新組織が提供するサービスによって、お客様はITインフラ管理といった標準的な業務から解放され、ITコストを削減しつつも、新たな市場開拓や事業成長を可能とする新しいITオペレーティングモデル構築に集中できるようになります。」

アクセンチュアAWSビジネス・グループは将来的なソリューション拡大も視野に入れつつ、初期段階としては以下2つの主要事業領域に注力します。

  • 「AWS向けトランスフォーメーション・サービス(Transformation Services Optimized for AWS)」:
    既存アプリケーションのAWSへの移行に加え、AWS上で稼働する新たなアプリケーションの開発を支援します。本サービスにはクラウド戦略策定、組織・アーキテクチャ設計、アプリケーション移行、リファクタリング、新規アプリケーション開発などが含まれます。尚、AWSアプリケーション開発・移行に特化した「ファクトリー」では自動化されたプロセスによって高い効率性を担保します。

  • 「AWSによるアナリティクス・ビッグデータサービス(Analytics and Big Data Services, powered by AWS)」:
    アクセンチュアが提供するクラウドベースのアナリティクス・ソリューションである「Accenture Insights Platform」において、AWSのデータ・アナリティクスに関するノウハウやソリューションを統合していきます。これによって、企業は業界特有の規制要件やコンプライアンスを遵守しつつも、データの移管や収集、標準化、分析といったデータのライフサイクルを一気通貫で安全に管理していくことが可能となります。

さらに今後、新組織はAWSクラウドでのインターネット・オブ・シングス(IoT)やセキュリティなど、成長領域における新サービスを開発していく予定です。


アクセンチュアについて

アクセンチュアは、経営コンサルティング、テクノロジー・サービス、アウトソーシング・サービスを提供するグローバル企業です。35万8,000人以上の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供しています。豊富な経験、あらゆる業界や業務に対応できる能力、世界で最も成功を収めている企業に関する広範囲に及ぶリサーチなどの強みを活かし、民間企業や官公庁のお客様がより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、その実現に向けてお客様とともに取り組んでいます。2015年8月31日を期末とする2015年会計年度の売上高は、310億USドルでした(2001年7月19日NYSE上場、略号:ACN)。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。

アクセンチュアは、アプリケーションやインフラ、業務プロセスを融合したサービスを「As-a-Service」として提供することで新しい時代のデリバリー能力や柔軟性を担保しており、クラウドへの移行による新たなビジネス価値創出を支援しています。また、アクセンチュアが提供するクラウド・ファースト戦略は業界横断で提供する包括的なクラウド・サービスであり、戦略・導入・移行・マネージドサービスに加えて、アクセンチュア・クラウド・プラットフォーム(Accenture Cloud Platform)といった独自のクラウド・ソリューションを活用し、企業に求められる様々なビジネス変革に貢献しています。アクセンチュアでは全世界で13,000を超えるクラウドに関するプロジェクト経験を持ち、フォーチュン・グローバル100の75%の企業にサービスを提供した実績があります。またアクセンチュアでは、クラウド・コンピューティングの領域における18,000名以上のプロフェッショナルを擁しています。


アマゾン ウェブ サービスについて

2006年にスタートしたアマゾン ウェブ サービス(AWS)は、米国、オーストラリア、ブラジル、中国、ドイツ、アイルランド、日本、シンガポールの各データセンター拠点を通じ、コンピューティング、ストレージ、データベース、データ分析、アプリケーション、開発などの広範なサービスからなるクラウド上で、堅牢で十分な機能を揃えた技術的プラットフォームを提供しています。世界190カ国以上で、スタートアップ企業、大企業、政府・官公庁など、100万以上のお客様がAWSを利用し、素早い技術革新やITコストの削減、世界規模でのアプリケーションの拡張を実現しています。AWSに関する詳細については、以下のURLをご参照ください。
http://aws.amazon.com


アマゾン・ドットコムについて

Amazonは1995年7月にWorld Wide Web上でスタートしました。Amazonは4つの理念を指針としています。競合他社ではなくお客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾンウェブサービス(AWS)、Kindleダイレクト・パブリッシング、Kindle、Fireタブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexaなどは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービスです。


問い合わせ先

城下 洋輔
アクセンチュア株式会社 マーケティング・コミュニケーション部
045-330-7157

E-Mail