Skip to main content Skip to Footer

ニュースリリース

エーザイとITシステムのアウトソーシング契約を締結

日米を中心としたグローバルエーザイのIT運用コストの削減に寄与するとともに、グローバルITガバナンスの最適化と効率的なIT運用体制の構築を支援

【東京発:2015年6月24日】
アクセンチュア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:程 近智、以下アクセンチュア)は、エーザイ株式会社(東京都文京区、代表執行役CEO:内藤 晴夫、以下エーザイ)とITシステムの保守・運用、サーバー/ネットワーク監視・運用等を包括するITアウトソーシング契約を締結したことを発表します。

本契約は、エーザイの米国拠点におけるアプリケーション/ITインフラストラクチュア全般(一部R&D領域のアプリケーション/ITインフラストラクチュア除く)、ならびに国内拠点における会計・生産管理等のERPと、その周辺システム運用およびサーバーやネットワーク等のITインフラストラクチュア監視・運用業務等の一部を対象とします。本契約は、米国向けには2015年4月から2022年3月までの7年間、国内向けには2015年4月から2024年3月までの9年間の複数年契約です。

エーザイは本契約によって、新薬開発、医療行為、審査・法規制など、世界レベルでの標準化の流れが著しい医薬品業界において、より一層の競争優位を確立すべく、ITコストのさらなる削減とグローバルなITソリューション提供に向けた体制整備をはかります。その結果、グローバル全体でより効率的かつ効果的なITガバナンス体制の構築が可能となります。

アクセンチュア株式会社 取締役副社長 製造・流通本部 統括本部長 江川 昌史は、「アクセンチュアでは、長きにわたってエーザイ様のビジネス成長に向けた様々な支援を続けて参りました。今回、エーザイ様の今後のさらなる成長に向けた重要なプロジェクトの一翼を担うことが出来ることを非常に嬉しく思います。アクセンチュアが過去に培ってきた医薬品業界における経験、グローバルレベルで標準化されたIT運用プロセスや、継続的業務改善に関する知見を活用し、お客様の変革の実現に向けて尽力してまいります」と述べています。

本契約にかかるサービスは、アクセンチュアが世界中で50箇所以上の拠点を有するグローバル デリバリー ネットワークのうち、マニラにあるフィリピンデリバリーセンターを主要拠点とし、一部の米国アプリケーションサービスについてはプネのインドデリバリーセンターから提供される予定です。


アクセンチュアについて

アクセンチュアは、経営コンサルティング、テクノロジー・サービス、アウトソーシング・サービスを提供するグローバル企業です。約32万3千人の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供しています。豊富な経験、あらゆる業界や業務に対応できる能力、世界で最も成功を収めている企業に関する広範囲に及ぶリサーチなどの強みを活かし、民間企業や官公庁のお客様がより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、その実現に向けてお客様とともに取り組んでいます。2014年8月31日を期末とする2014年会計年度の売上高は、300億USドルでした(2001年7月19日NYSE上場、略号:ACN)。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。


問い合わせ先

神田 健太郎
アクセンチュア株式会社 マーケティング・コミュニケーション部
045-330-7157(部門代表)

E-Mail