Skip to main content Skip to Footer

ニュースリリース

ファーストリテイリングとアクセンチュア、デジタル時代の革新的な消費者サービス開発に向けて協業

【2015年6月15日】
株式会社ファーストリテイリング(本社:山口県山口市、代表取締役会長兼社長:柳井 正、以下ファーストリテイリング)とアクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程 近智、以下アクセンチュア)は、本日、ファーストリテイリングの消費者向けのサービスにおけるデジタルイノベーションの実現に向けて協業していくことを発表しました。

ファーストリテイリングとアクセンチュアはこれまでの関係性を強化し、チャネル横断で消費者一人ひとりに合わせてカスタマイズされた顧客体験を創出することを目標に、関連する規制機関の承認や両社の最終合意を経たのち、将来的に合弁会社を設立していくことを目指します。

ファーストリテイリングは、ユニクロを中核ビジネスとして、ジーユー、セオリー、コントワー・デ・コトニエ、プリンセス タム・タム、J Brandなど複数のブランドをアジア、欧州、米国などで展開するグローバル企業です。同社は、チャネル横断で、これまで以上に消費者一人ひとりのニーズに合わせてカスタマイズされた顧客体験を継続的に提供していくために、モバイルやアナリティクス、クラウドといったテクノロジーを活用し、アクセンチュアと共に既存のビジネスモデルのデジタル化に向けた取り組みを行っていきます。こうした取り組みによって、ファーストリテイリングは実店舗とデジタル店舗の境なく、いつでもどこでも消費者が商品を選択したり、試着したり、購入したり、受け取ることのできる買い物体験を実現していくことを目指します。

こうした新たな顧客体験の創出を支援するために、アクセンチュアはCRMやSCMなどのファーストリテイリングの基幹業務システムのクラウドへの移行やEコマースのプラットフォーム構築など、消費者インサイトを得ることのできるオペレーション基盤やIT基盤の構築を支援します。また、アクセンチュアでは、ファーストリテイリングがアナリティクス、モバイル、クラウドなどのテクノロジーに関する専門家を採用・育成していくための取り組みにも貢献していきます。さらに、両社は共同でテクノロジーやイノベーションに関する学術機関や企業、有識者や起業家などが持つ最先端の事業構想や先進事例を世界中から収集し、ファーストリテイリングの将来の消費者サービスに反映していくことを目指します。

ファーストリテイリング 代表取締役会長兼社長 柳井 正は次のように述べています。「ファーストリテイリングは、バーチャルとリアルが融合し、お互いの機能がより高まった新しい産業を創造していきたいと考えています。このたびのアクセンチュアとの協業により、従来の小売業の枠を超えた全く新しい産業の可能性を国内外に示し、世界最高水準のビジネスモデルを構築するとともに、デジタル時代に求められる革新的な消費者体験を実現するための店舗の構築や物流網の整備、イノベーションを創出できる人材の育成に取り組んでいきます。新しい産業の変化は日本だけでなくグローバルな波であり、世界中で事業展開を進める企業にこそ、ビジネスの仕組みを根本から変える力があると信じています。」

アクセンチュア 成長市場担当 グループ・チーフ・エグゼクティブ ジャンフランコ・カサーティ(Gianfranco Casati)は次のように述べています。「デジタル時代の消費者は実店舗でも、オンラインでも変わらないシームレスに統合された顧客体験を求めています。ファーストリテイリングのような先進企業ではこうした高度化する消費者ニーズに応えるため、積極的に全社的なデジタル化を推進しています。アクセンチュアはこの度の共同事業を通じて、ファーストリテイリングがデジタル時代の革新的なアイデアを事業モデルとして昇華させ、常に進化する次世代の経営モデルを構築していけるように支援をして参ります。」


アクセンチュアについて

アクセンチュアは、経営コンサルティング、テクノロジー・サービス、アウトソーシング・サービスを提供するグローバル企業です。約32万3千人の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供しています。豊富な経験、あらゆる業界や業務に対応できる能力、世界で最も成功を収めている企業に関する広範囲におよぶリサーチなどの強みを活かし、民間企業や官公庁のお客様がより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、その実現に向けてお客様とともに取り組んでいます。2014年8月31日を期末とする2014年会計年度の売上高は、300億USドルでした(2001年7月19日NYSE上場、略号:ACN)。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。


問い合わせ先

城下 洋輔
アクセンチュア株式会社 マーケティング・コミュニケーション部
045-330-7157(部門代表)

E-Mail