Skip to main content Skip to Footer

ニュースリリース

アクセンチュアとアドビ、マーケティングROIを改善するペイパーユース型のデジタルマーケティングサービスを提供

【米国ニューヨーク州ニューヨーク/ユタ州ソルトレイクシティ発:2015年3月10日】

アクセンチュア(NYSE:ACN)とAdobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下 アドビ)は本日、アドビが米国で開催している年次デジタルマーケティングカンファレンス「Adobe Summit 2015」において、デジタルマーケティングの開発、実行、および測定を簡素化するクラウドベースのマネージドサービスであるAccenture Customer Engagement の提供を通じて、マーケティングROIを大幅に改善する提携内容の拡大を発表しました。

Accenture Customer Engagementは、Adobe Marketing Cloudソリューションを包含した、アクセンチュア・インタラクティブのデジタルマーケティングサービスを備えています。両社のサービスとそれぞれのベースとなるソリューションの運営はアクセンチュアによって行われるため、マーケターはテクノロジーとサービスの統合やカスタマイズを行う必要がなくなり、またそれらのソリューションのトレーニングを受けたスタッフの雇用も不要となります。

アクセンチュア・デジタルで、アクセンチュア・インタラクティブを率いるシニア マネジング・ディレクターのブライアン ホイップル(Brian Whipple)は、「消費者へのパーソナライズされたデジタルエクスペリエンスの提供を望む企業は、テクノロジーやソリューションの統合に多大な労力を割くことなく、アドビとアクセンチュアのノウハウと経験を活用できるようになります。アドビのマーケティングテクノロジーとアクセンチュアの戦略、設計、および実装に関する専門性を組み合せることにより、マーケターは簡素化され、迅速、かつ費用対効果に優れた手法で、魅力的な顧客体験を創出することが可能です」と述べています。

アドビのデジタルマーケティング事業部門担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのブラッド レンチャー(Brad Rencher)は、「Accenture Customer Engagementは、デジタルマーケティングに伴う課題の簡素化に貢献し、顧客のビジネスを推進します。アドビとアクセンチュアが力を合わせることにより、企業がデジタル時代のスピードで変革を進め、さまざまなマーケティングチャネルにわたって高度にパーソナライズされた体験を提供しようとする際の障壁を取り除きます」と述べています。

Accenture Customer Engagementは迅速な展開、拡張、および設定が可能です。これは、利用状況に応じた形でアクセンチュア・インタラクティブから提供され、マーケターが必要なサービスとソリューションを選択、設定し、必要なツールに関わる費用のみを負担します。このサービスはすべてアクセンチュアによって運営されるため、ビジネスニーズに合わせたソリューション規模の拡大や縮小も容易です。

この新しいデジタルマーケティングサービスが備えているスピードは、競争の激しい市場で業務を行う企業にとって大きな優位性となります。アクセンチュアが実施した最近の調査で、CMO(最高マーケティング責任者)の43%が企業における技術開発プロセスは、デジタルマーケティングに求められるスピードに追い付いていないと回答したことが明らかになりました。

UBSのコミュニケーションおよびブランディング担当マネージングディレクターであるフェリックス ウェンガー(Felix Wenger)氏は、「今日のマーケティング部門は、複数のチャネル、メディア、および地域にわたるデジタルコンテンツを、より迅速かつ大規模に管理する必要に迫られています。UBSでは、デジタルマーケティングに関するすべてのニーズを満たすワンストップショップとして機能する拡張性を備えたマーケティング業務プラットフォームによる、次世代マーケティング運営モデルを導入しました。これを実際に機能させるにあたって、アクセンチュアのマーケティングおよび業界における専門性とAdobe Marketing Cloudが不可欠な役割を果たしました。アクセンチュアとアドビの提携拡大は、市場に大きな利益をもたらすと確信しています。両社による新しいクラウドベースのマネージドデジタルマーケティングサービスを通じ、マーケティングリーダーや組織にとって最も重要なニーズを満たしています」と述べています。

Accenture Customer Engagementを通じて提供されるアクセンチュア・インタラクティブのデジタルマーケティングサービスには、カスタマーエクスペリエンスとデザイン、デジタルコンテンツサービス、デジタルアナリティクス、パーソナライゼーション、メディア最適化、ソーシャルメディア、コラボレーションおよびキャンペーン管理が含まれます。これらのサービスは、分析、パーソナライゼーション、広告投資の最適化、ソーシャルマーケティング、Webコンテンツ管理およびクロスチャネルキャンペーンマネジメントにわたる業界をリードする統合型ソリューションで構成されたAdobe Marketing Cloud上で提供されます。Adobe Marketing Cloudの各ソリューションはアクセンチュア・インタラクティブを通じて提供されるため、顧客はデジタルマーケティングに関わるすべてのニーズをひとつの窓口を通じて運営することができます。


ADOBE MARKETING CLOUDについて

Adobe Marketing Cloudは、様々なデバイスとデジタルタッチポイントを通じてマーケティングコンテンツの高度なパーソナライゼーションを実現することでビッグデータを駆使し、顧客と見込み客への効果的なリーチとエンゲージメントを支援します。緊密に統合された8つのソリューションにより、分析、Web/アプリのエクスペリエンス管理、テスト/ターゲティング、広告、動画、オーディエンス管理、ソーシャルエンゲージメント、キャンペーン編成に重点を置いた、包括的なマーケティングテクノロジーをマーケターに提供します。また、Adobe Creative Cloudとの連携機能により、あらゆるマーケティングチャネルにおいて、クリエイティブアセットを容易に活用できます。Adobe Marketing Cloudは、Fortune 50企業の67%をはじめ、世界中の多くの企業に採用されており、そのトランザクション処理件数は年間30兆4,000億件以上に上ります。

アドビについて

アドビは、世界を動かすデジタル体験を提供します。
アドビ システムズ 株式会社はその日本法人です。同社に関する詳細な情報は、Webサイトに掲載されています。


アクセンチュアについて

アクセンチュアは、経営コンサルティング、テクノロジー・サービス、アウトソーシング・サービスを提供するグローバル企業です。約31万9,000人の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供しています。豊富な経験、あらゆる業界や業務に対応できる能力、世界で最も成功を収めている企業に関する広範囲に及ぶリサーチなどの強みを活かし、民間企業や官公庁のお客様がより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、その実現に向けてお客様とともに取り組んでいます。2014年8月31日を期末とする2014年会計年度の売上高は、300億USドルでした(2001年7月19日NYSE上場、略号:ACN)。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。


アクセンチュア・インタラクティブはアクセンチュア・デジタルの構成チームです。世界の大手ブランドがマルチチャネルのカスタマーエクスペリエンスをフルに活用し、マーケティングの成果をさらに高めることを支援しています。アクセンチュア・インタラクティブは統合、産業化された業種別のデジタルトランスフォーメーションとマーケティングソリューションを提供しています。詳細については@AccentureSocial


問い合わせ先

増田 繁夫
アクセンチュア株式会社 マーケティング・コミュニケーション部
045-330-7157

E-Mail