Skip to main content Skip to Footer

ニュースリリース

<<News Alert>>アクセンチュアと熊本市が熊本県立会いのもとBPOのニアショア拠点設立に向けた立地協定を締結

【2014年8月4日】

発表主体
アクセンチュア株式会社、熊本市

発表主旨
アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程 近智)は、熊本県(知事: 蒲島 郁夫)立会いのもとで、熊本市(市長: 幸山 政史)における、財務・経理、人事、総務、調達、物流などのビジネスプロセスアウトソーシング(BPO)業務を担うニアショア拠点「アクセンチュア熊本デリバリーセンター(仮称)」設立に向け、同市との立地協定を締結したことを発表します。

日本向けBPOサービスは、中国、インドやフィリピンなどのオフショア拠点から提供されるケースが多い一方で、業務の一部は国内からサービス提供を受けたいとの要望など、お客様のニーズは多様化する傾向にあります。アクセンチュアは本ニアショア拠点の開設によって、オフショア・ニアショアを最適に組み合わせ、お客様の業務や意向により柔軟に応えるBPOサービスの提供が可能となります。

関係各位からのコメント 

熊本市 幸山 政史 市長
「アクセンチュアという世界有数の企業が本市に立地されることを心から歓迎します。本市では地域のさらなる活性化に向けて、熊本県と連携し高付加価値な業務の集積に取り組むとともに、専門性の高い優秀な人材の育成に取り組んでおります。貴社が円滑な事業活動を実現されますよう、できる限りの支援を行ってまいります」

熊本県 小野 泰輔 副知事
「本県は、BPO業務をはじめとした産業支援サービス業務拠点の集積に取り組んでおり、まさにアクセンチュアが熊本から提供するサービスは、本県の発展に欠かせないものと感じております。熊本から全国へ、さらには世界に向けて高品質なサービス提供を実現していただくべく、今後も可能な限り支援してまいります」

アクセンチュア株式会社 執行役員 ビジネスプロセスアウトソーシング本部 統括本部長 馬場 昭文
「アクセンチュアのBPOサービスは、業務や業界に関する深い知識と、デジタルやアナリティクスによる知見などを融合させて、お客様が描く成長戦略の実現と競争優位を確立させるためのプラットフォームです。本拠点は、まさにこのサービスをお客様に提供する最前線であり、熊本の皆様が持つ高い能力によって、アクセンチュアが提供する次世代のBPOサービスをお客様に提供できることを大変嬉しく思います」

アクセンチュアのBPOサービスに関する詳細は以下URLをご参照ください。

アクセンチュアのBPOサービスに関する詳細は以下URLをご参照ください。
www.accenture.com/jp-ja/service-bpo-overview-summary.aspx


アクセンチュアについて

アクセンチュアは、経営コンサルティング、テクノロジー・サービス、アウトソーシング・サービスを提供するグローバル企業です。29万3千人以上の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供しています。豊富な経験、あらゆる業界や業務に対応できる能力、世界で最も成功を収めている企業に関する広範囲に及ぶリサーチなどの強みを活かし、民間企業や官公庁のお客様がより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、その実現に向けてお客様とともに取り組んでいます。2013年8月31日を期末とする2013年会計年度の売上高は、286億USドルでした(2001年7月19日NYSE上場、略号:ACN)。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。


報道関係の方のお問い合わせ先

神田 健太郎
アクセンチュア株式会社 マーケティング・コミュニケーション部
045-330-7157

E-Mail