Skip to main content Skip to Footer

ニュースリリース

アクセンチュア、農林水産省より日本の農林水産物・食品の「輸出戦略実行事業」を受託

アクセンチュアのグローバル・ネットワークを最大活用し、年間輸出額1兆円の目標達成に向けた支援を開始

【東京発、2014年7月31日】
アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程 近智、以下アクセンチュア)は、本日、農林水産省より輸出戦略実行事業を受託し、2020年までに日本の農林水産物・食品の年間輸出額を1兆円規模に拡大するための取り組みを支援していくことを発表します。

農林水産省では日本の農林水産物や食品の輸出額1兆円という目標を達成するため、2013年8月に「農林水産物・食品の国別・品目別輸出戦略」を策定しました。さらに2014年6月、この輸出戦略に基づく取り組みの検証や、オールジャパンでの実効性ある輸出拡大に向けた体制について議論を行うために輸出戦略実行委員会が設置されました。アクセンチュアは、この輸出戦略実行委員会の事業である「輸出戦略実行事業」を受託し、本委員会の運営を支援します。

事業の推進にあたってアクセンチュアは、輸出戦略実行委員会での議論を踏まえ、まず農林水産省の輸出戦略において定められた重点品目や重点市場に基づいて各市場の市場動向やニーズを調査・分析します。さらに、重点品目や主要テーマごとに設定された部会の運営をサポートし、農林水産事業や食品事業に関わる事業者や商社、物流事業者との協議によって輸出先市場におけるマーケティング戦略や最適な物流戦略、輸出先国の制度への対応策などの実行可能性の検証を行っていきます。こうした協議や検証を経て、アクセンチュアは国内で農林水産事業に携わる事業者の取り組み方針をまとめていきます。

アクセンチュアで本業務を指揮する、戦略コンサルティング本部 マネジング・ディレクターの海老原 城一は、次のように述べています。「日本の農林水産物や食品の輸出拡大を目指す農林水産省の事業パートナーとして、本事業の推進を支援できることを大変光栄に思います。アクセンチュアが保有するマーケティングやサプライチェーン・マネジメントに関する知見と経験を最大限に活かし、グローバル市場における日本の農林水産物や食品の価値を向上させるためにアクセンチュア全世界56か国の拠点と密接に連携して貢献して参ります。」


アクセンチュアについて

アクセンチュアは、経営コンサルティング、テクノロジー・サービス、アウトソーシング・サービスを提供するグローバル企業です。約29万3千人の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供しています。豊富な経験、あらゆる業界や業務に対応できる能力、世界で最も成功を収めている企業に関する広範囲に及ぶリサーチなどの強みを活かし、民間企業や官公庁のお客様がより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、その実現に向けてお客様とともに取り組んでいます。2013年8月31日を期末とする2013年会計年度の売上高は、286億USドルでした(2001年7月19日NYSE上場、略号:ACN)。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。


報道関係の方のお問い合わせ先

城下 洋輔
アクセンチュア株式会社 マーケティング・コミュニケーション部
045-330-7157

E-Mail