Skip to main content Skip to Footer

ニュースリリース

アクセンチュアが構築を支援した、スルガ銀行の新たな次世代戦略情報基盤が全面稼働開始

分析に基づく顧客のよりきめ細やかなニーズに合致したサービスの高度化を実現

【東京発、2014年3月6日】
アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程 近智、以下アクセンチュア)はスルガ銀行株式会社(本店: 静岡県沼津市、代表取締役社長 兼CEO:岡野 光喜、以下スルガ銀行)の次世代戦略情報基盤の構築を支援し、全面稼働が開始されたことを発表します。

スルガ銀行では「ライフ アンド ビジネス コンシェルジュ<夢をかたちに>する、<夢に日付をいれる>お手伝い」を標榜し、リテールバンキング業務に軸足を据えたビジネスの拡大を図っています。またスルガ銀行は、県内商圏にとどまらず首都圏を含む大都市圏の顧客も積極的に獲得していくビジネスモデルを実践しています。同社では、今後この取り組みをさらに加速させるための強力なIT基盤として、本戦略情報基盤を構築しました。

スルガ銀行は本戦略情報基盤を活用することで、顧客のさまざまな属性情報や志向、将来起こり得るライフイベントをも加味し、デジタルを最大限に活用してマーケティングキャンペーンの高度化を図ることが可能となります。 また、インターネット支店などの多様なチャネルを介して、日々移り変わる同社顧客の志向や属性情報をより迅速かつ精緻に捉えることができるため、顧客ニーズに合致した、さらにきめ細やかな商品ならびにサービスを提案・提供するための、より強力な基盤となります。

本戦略情報基盤は、CRMアプリケーションと日本テラデータのデータウェアハウスを連携させ、さらにSAS社が提供するアナリティクス機能と、MicroStrategy社が提供するダッシュボードを介した柔軟な情報検索機能が組み合わされています。また、モバイルバンキングによるトラフィック増加や連携システムの追加に対して適時にシステム全体の柔軟な拡張性の確保が可能であるとともに、アクセンチュアの持つ開発・実行アーキテクチャを採用することによってメンテナンスコストの削減にも貢献します。

スルガ銀行株式会社 執行役員専務 カスタマーサポート本部長 岡崎 吉弘氏は次のように述べています。「この戦略情報基盤によって、お客さまの細やかなニーズや志向をより正確に把握することが可能となり、さらにカスタマイズされた商品やサービスの提供に大きく貢献します。これは、ライフ アンド ビジネス コンシェルジュとしての当社の役割をより強固にするものです。また、アクセンチュアという信頼できるパートナーを得て、さらに長期的な成長戦略を実現するための、世界クラスかつ業界先進の情報基盤を活用することで、さらなる顧客サービスレベルの向上に寄与するものと確信しています。」

アクセンチュア株式会社経営コンサルティング本部 マネジング・ディレクター 森 健太郎は次のように述べています。「国内の銀行業界においては今後さらにリテールバンキング業務の重要性が増してくるものと考えています。今回、スルガ銀行様において全面稼働が開始された戦略情報基盤は、銀行による画一的なサービスの提供から、顧客を「個客」と捉えて、よりきめ細やかなサービスで顧客との関係を向上させる、大きな可能性を秘めています。アクセンチュアは、明確な経営の意思と目的をもって競争優位に向けた改革を実行する金融機関に対して、競争優位を実現するための深い知見とシステム構築ノウハウを最大限に活かしたソリューションを提供し続けて参ります。」


アクセンチュアについて

アクセンチュアは、経営コンサルティング、テクノロジー・サービス、アウトソーシング・サービスを提供するグローバル企業です。約28万1千人の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供しています。豊富な経験、あらゆる業界や業務に対応できる能力、世界で最も成功を収めている企業に関する広範囲に及ぶリサーチなどの強みを活かし、民間企業や官公庁のお客様がより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、その実現に向けてお客様とともに取り組んでいます。2013年8月31日を期末とする2013年会計年度の売上高は、286億USドルでした(2001年7月19日NYSE上場、略号:ACN)。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。


報道関係の方のお問い合わせ先

神田 健太郎
アクセンチュア株式会社 マーケティング・コミュニケーション部
045-330-7157

E-Mail