Skip to main content Skip to Footer

ニュースリリース

グローバル経営幹部を任命 “Accenture Digital” “Accenture Strategy”を設立

【ニューヨーク発、2013年12月3日】
アクセンチュア(NYSE:ACN)は、グローバルな経営幹部を任命するとともに、戦略的な事業分野における複数の役職を新設しました。

これらの人事は、業界をリードするアクセンチュアのデジタル サービスをエンド・ツー・エンドの新たな事業領域として統合した“Accenture Digital”の設立、ビジネス、テクノロジー、およびアウトソーシングにまたがるお客様の課題への対処を支援する“Accenture Strategy”の設立、およびアジア太平洋、アフリカ、中南米を含む成長市場におけるアクセンチュアの事業強化に注力する新たな経営幹部職の創設に関連して行われました。同時に、製造・流通本部にも新しいグループ・チーフ・エグゼクティブを任命しました。

アクセンチュアの会長 兼 最高経営責任者(CEO)であるピエール・ナンテルム(Pierre Nanterme)は、「アクセンチュアのお客様は、より複雑化しペースを速めている市場で事業を展開しており、アクセンチュアにもお客様のビジネス課題解決に必要な革新的なソリューションを提供できるよう常に進化することが求められています。今回の人事は、最も経験豊富で革新的な経営幹部数名を、お客様の重要なニーズとアクセンチュアの成長機会に即した形で配置したものです」と述べています。

主要な成長市場におけるアクセンチュアの競争優位を支えるため、ジャンフランコ・カサーティ(Gianfranco Casati)が、新たに設置された成長市場担当のグループ・チーフ・エグゼクティブに任命されました。カサーティはこの新しい役職において、アクセンチュアのアジア太平洋、アフリカ、および中南米地域での業務を統括します。アクセンチュアがこれらの重要な市場のそれぞれにおいて成長を継続できるよう、カサーティは5つの産業別グループのトップと密接に連携して業務を進めます。カサーティはアクセンチュアのグローバル経営会議のメンバーであり、直近では製造・流通本部のグループ・チーフ・エグゼクティブを務めました。

マイケル・サトクリフ(Michael Sutcliff)は、アクセンチュアが業界をリードする、アクセンチュア・インタラクティブ、アナリティクス、およびモビリティの各分野にわたるデジタル事業領域を統合した“Accenture Digital”のグループ・チーフ・エグゼクティブに任命されました。Accenture Digitalは、デジタル戦略の立案からテクノロジーの導入、さらにはデジタルを活用した業務プロセスの運用まで、包括的なビジネスおよびテクノロジー・サービスをお客様に提供します。Accenture Digitalには23,000名の専門スタッフが所属し、お客様がデジタルの力を活用して、成長を推進するとともに新たな価値の源泉を創造することを支援します。サトクリフはアクセンチュアのグローバル経営会議メンバーに加わります。サトクリフは直近では、金融サービス本部の北米統括を務めました。

マーク・ニックレム(Mark Knickrehm)は、ビジネスおよびテクノロジー変革のための戦略立案と実行を担う、最高経営幹部(CXO)レベルのエグゼクティブに対する支援を担当する新たな事業領域“Accenture Strategy”のグループ・チーフ・エグゼクティブに任命されました。Accenture Strategyは、成長とイノベーション、産業のコンバージェンス、地域的な拡大、デジタル戦略、持続可能なコスト管理、および企業変革に関連する課題に対応します。ニックレムは直近では、公共サービス・医療健康本部において成長・戦略担当シニア・マネジング・ディレクターを務め、また同時に医薬品・医療機器産業グループを成功裏に率いました。ニックレムは今回の新しい役職就任とともにアクセンチュアのグローバル経営会議メンバーに加わります。

サンダー・ヴァント・ノールデンデ(Sander van ’t Noordende)はカサーティの後任として、自動車・産業機械、インフラ・運輸・航空・貨物・旅行、医薬品・医療機器、消費財・サービス、流通・小売分野にお客様を持つ、製造・流通本部のグループ・チーフ・エグゼクティブに就任します。ヴァント・ノールデンデはアクセンチュアのグローバル経営会議メンバーであり、直近では経営コンサルティング本部のグループ・チーフ・エグゼクティブを務めました。それ以前にはアクセンチュアの素材・エネルギー本部のグループ・チーフ・エグゼクティブを務めています。


アクセンチュアについて

アクセンチュアのインフラ・輸送サービスグループでは、インフラ業界、建設業界のお客様に経営コンサルティング、システム開発そしてアウトソーシングのサービスを提供しています。

  • 経営コンサルティング・サービス・グループは、戦略とプロセス設計、カスタマー・リレーションシップ・マネジメント、サプライチェーン・マネジメント、イノベーション、財務、人材のパフォーマンス・マネジメントなどの分野のエキスパートの深い業界経験と研究ベースの知識を活用しています。
  • システム・インテグレーションとテクノロジー・サービス・グループは、広範なテクノロジー、業務、業界のスペシャリストで構成されたシステム・インテグレーターのスキルを活用しています。
  • アクセンチュア・グローバル・デリバリー・ネットワークは、世界中の50カ所のデリバリー・センターを拠点とするプロフェッショナルから成る多職種チームが特徴となっています。そのチームによって、当社のシステム・インテグレーターとテクノロジー・スペシャリストのソリューションに加えて、約300のビジネス・プロセス・アウトソーシング・クライアントのニーズに応えられる能力を有しています。
  • アクセンチュアのアナリティクス・ファクトリーは、顧客の行動を深く理解して予測できるように、アナリティクス・モデリングを実行して、データおよびレポートへのアクセスを工業化し最適化しています。

アクセンチュアは、経営コンサルティング、テクノロジー・サービス、アウトソーシング・サービスを提供するグローバル企業です。約27万5千人の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供しています。豊富な経験、あらゆる業界や業務に対応できる能力、世界で最も成功を収めている企業に関する広範囲におよぶリサーチなどの強みを活かし、民間企業や官公庁のお客様がより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、その実現に向けてお客様とともに取り組んでいます。2013年8月31日を期末とする2013年会計年度の売上高は、286億USドルでした(2001年7月19日NYSE上場、略号:ACN)。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。


報道関係の方のお問い合わせ先

高橋 寛行
アクセンチュア株式会社 マーケティング・コミュニケーション部
045-330-7157

E-Mail