Skip to main content Skip to Footer

NEWS RELEASE


アクセンチュア、SAPジャパン新社屋内にイノベーションセンターを新設

概要

アクセンチュア株式会社
SAPジャパン株式会社


アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程 近智、以下アクセンチュア)およびSAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長 安斎 富太郎、以下SAPジャパン)は、SAPジャパンの新社屋内に2012年4月26日付で「アクセンチュア・SAPイノベーションセンター」を設立したことを発表します。本センターは、アクセンチュアがソリューション開発やお客様への提案活動などを行う運営主体としての役割を担い、SAPジャパンは、製品や技術に関する最新情報を優先的にアクセンチュアに提供する体制を構築します。

本センターは、SAPの基幹ソリューションを核として、SAP HANA® をはじめとするインメモリー コンピューティング技術やモバイル技術など、SAPが持つ最新技術と、アクセンチュアが国内のみならず世界中で蓄積してきたSAPを活用したソリューションに関する知見が集約され、革新的なビジネスモデルおよびビジネスプロセスを創造していく拠点となります。これによって、今まで実現に向けて難易度が高かった、ビッグデータの即時分析による行動の提起などの優れたソリューションや、モバイル端末から、いつでも、どこにいても基幹データへのアクセスを可能とするソリューションなど、アクセンチュアとSAPが持つ技術、経験が組み合わされることで、お客様に最適なソリューションの提供が可能となります。

センター開設当初は、電力業界をターゲットとした、スマートシティを実現する上で必要不可欠な、スマートメーターから収集されるデータ分析ソリューション(Smart Meter Analytics)や、多くの業界で活用可能となる革新的なソリューション開発と提案活動を行っていく予定です。

アクセンチュア株式会社 テクノロジー コンサルティング本部 SAPビジネスインテグレーショングループ統括 エグゼクティブ・パートナーの米澤 創一は次のように述べています。「アクセンチュアが持つ強みである業界知識、業界ソリューション、システム構築能力、グローバルの知見および協力体制を活かし、SAP社の持つ強みである基幹ソリューションおよびSAP HANA、モビリティを代表とする最新のソリューションを組み合わせて、これまでに無い包括的なソリューションを開発、紹介し、お客様に新たな付加価値を提供して参ります。本センターで開発されるソリューションは、今後ますます増大するデータを、より迅速かつ正確に処理し、お客様の競争力を一層強化することができると確信しております。」

SAPジャパンは、トロントおよびシンガポールにあるSAPの開発拠点で生み出されたグローバルでも最先端となる技術を、本センターを介して優先的にアクセンチュアに提供します。

SAPジャパン株式会社 バイスプレジデント パートナー本部 本部長 佐藤 知成は次のように述べています。「SAPの重点領域であるアナリティクス、モバイル、クラウド、データベース&テクノロジー分野の各ソリューションをアクセンチュアと新設した本センターにおける協業において、両社の技術と経験を最適に組み合せることで、全く新しいビジネス価値を創造していきたいと考えています。両社がグローバルで培った知見や協力体制を最大限活用し、本センターにおける協業を成功に導くことにより、日本企業のイノベーションをご支援することができると確信しています。」

「アクセンチュア・SAP イノベーションセンター」は、全世界9拠点(サンノゼ、シカゴ、ニューヨーク、ソフィア・アンティポリス、バンガロール、メルボルン、トロント、上海、北京)で展開されており、東京のセンターも「アクセンチュア・SAP イノベーションセンター」のネットワークに加わります。

アクセンチュアは、SAPジャパンから2012年に「プロジェクト・オブ・ザ・イヤー」、2011年には「サービス・パートナー・オブ・ザ・イヤー」など、「SAP AWARD OF EXCELLENCE」を8年連続8回受賞するなど、SAP技術を活用した案件で優れた実績が高く評価されています。


SAPジャパンについて

SAPジャパンは、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェアにおけるマーケットリーダーとしてあらゆる業種におけるあらゆる規模の企業を支援しているSAP AGの日本法人として、1992年に設立されました。SAPは、企業が市場での優位性を保持するため、バックオフィスや役員会議室、倉庫や店頭で、さらにデスクトップ環境やモバイル環境などにおいて、企業がより効率的に協業を行い、より的確なビジネス判断を行うための様々なソリューションを提供します。企業が継続的な収益性の高い事業を実現することに貢献するSAPのアプリケーションやサービスは、世界各国183,000社以上(Sybase買収による顧客企業含む)の顧客企業に利用されています。国内でも日本企業の情報化の推進、国際競争力および企業価値の向上に貢献しています。
http://www.sap.com/japan


SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP AGやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

アクセンチュア株式会社について
アクセンチュアは、経営コンサルティングテクノロジー・サービスアウトソーシング・サービスを提供するグローバル企業です。およそ24万6千人の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供しています。豊富な経験、あらゆる業界や業務に対応できる能力、世界で最も成功を収めている企業に関する広範囲におよぶリサーチなどの強みを活かし、民間企業や官公庁のお客様がより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、その実現に向けてお客様とともに取り組んでいます。2011年8月31日を期末とする2011年会計年度の売上高は、約255億USドルでした(2001年7月19日NYSE上場、略号:ACN)。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。