Skip to main content Skip to Footer

アクセンチュアとドコモがコンテンツプロバイダーに対してスマートフォン向けリモートテストサービスを開始

アクセンチュア株式会社
株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ

遠隔にてコンテンツの実機動作検証が可能な環境を提供し、コンテンツプロバイダーの開発負担を軽減

【2012年1月19日】
アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程 近智、以下アクセンチュア)とエヌ・ティ・ティ・ドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山田 隆持、以下、ドコモ)は、コンテンツプロバイダー(以下CP)がスマートフォン向けのコンテンツを開発する際、インターネット経由で遠隔地からコンテンツ(アプリ等)の実機動作検証が可能な「リモートテストセンター」を活用した開発支援サービスを、2012年3月下旬より、ドコモのdメニュー™ 掲載CPから提供開始し、順次サービス対象を拡大してまいります。

アクセンチュアは、リモートテストセンターを公立大学法人会津大学 産学イノベーションセンターに設置し、運営、研究活動を行います。 ドコモは、リモートテストセンターを介して、CP向けにアプリなどのコンテンツの実機動作検証を可能とする開発支援サービス(リモートテストサービス)を提供します。

現在、CPは、独自にスマートフォン(実機)を購入し、スマートフォン向けコンテンツの動作検証をしていますが、今日、多種多様なスマートフォン(画面サイズ・OSバージョン等)が次々と開発され、動作検証用の実機購入費用など開発負担が増大しています。 本サービスを活用することにより、CPは、時間や場所の制約を受けずにパソコンからリモートテストセンターにアクセスするだけで、実機を購入せずに、開発したコンテンツの実機動作検証が可能となります。

アクセンチュアとドコモは、本取り組みを通じて、CPの開発負担を軽減し、より効率的かつ迅速にコンテンツ開発が行える環境を整備することで、dメニュー等におけるスマートフォン向けコンテンツの品質向上およびコンテンツの拡充を推進してまいります。

なお、公立大学法人会津大学 産学イノベーションセンターにリモートテストセンターを設置する取り組みは、2011年8月1日からアクセンチュアと会津若松市、会津大学の3者が共同で推進している、会津若松市を拠点とした福島県の産業振興・雇用創出、および会津大学を中心としたICT産業集積、産学連携研究開発に向けた具体的な成果の第一弾となります。

*「dメニュー」は、NTTドコモの商標です。

<リモートテストセンターの概要>

出典:株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ

リモートテストサービスを利用した動作検証の流れ

  1. CPは、PCを用いて、リモートテストセンターにアクセス

  2. 動作検証を行いたい実機を選択(複数端末の選択も可能)

  3. WEBブラウザ経由で、開発中コンテンツ(アプリ)を実機にインストール

  4. PC操作により、リモートテストセンターに設置された実機を操作し、カメラで撮影される端末画面を見ながら、実機でのコンテンツの動作検証が可能

  5. 動作検証の結果を、必要に応じて静止画や動画等で保存

<参考>
アクセンチュア株式会社 経営コンサルティング本部 エグゼクティブ・パートナーの清水 新は、「ドコモが持つ最新の機種情報や実網環境を、アクセンチュアが運営するリモートテスト環境を通じてCPに提供できることで、Androidプラットフォームの急速な拡大にともなってCPが抱える課題が大きく軽減されるものと確信しています。ドコモと共に、日本の優れたコンテンツのさらなる活性化に向けて、支援を続けて参ります。」と述べています。

株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ スマートコミュニケーションサービス部 コンテンツ推進室 室長の熊谷 宜和は、「本サービスを提供することにより、実機購入費用などの開発負担が軽減され、様々なスマートフォン(機種・画面サイズ・OSバージョン等)での動作検証を効率的かつ迅速に行うことができるようになり、CPにとって、より品質の良いスマートフォン向けコンテンツをユーザーへタイムリーに提供することに役立つことを期待しております。」と述べています。

問い合わせ先

神田 健太郎
アクセンチュア株式会社 マーケティング・コミュニケーション部

アクセンチュア株式会社について
アクセンチュアは、経営コンサルティングテクノロジー・サービスアウトソーシング・サービスを提供するグローバル企業です。およそ24万4千人の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供しています。豊富な経験、あらゆる業界や業務に対応できる能力、世界で最も成功を収めている企業に関する広範囲におよぶリサーチなどの強みを活かし、民間企業や官公庁のお客様がより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、その実現に向けてお客様とともに取り組んでいます。2011年8月31日を期末とする2011年会計年度の売上高は、約255億USドルでした(2001年7月19日NYSE上場、略号:ACN)。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。