Skip to main content Skip to Footer

アクセンチュアがファーストリテイリングのグループ経営管理基盤の構築を支援 グローバルネットワークの活用による、海外複数拠点同時稼働を実現

アクセンチュア株式会社

【東京発、2010年12月21日】
アクセンチュア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長: 程 近智、以下、アクセンチュア)は本日、株式会社ファーストリテイリング(本社:山口県山口市、代表取締役会長兼社長: 柳井 正、以下、ファーストリテイリング)の迅速な世界展開を支える、グローバルレベルで統一化・可視化され、かつ効率的なグループ経営管理基盤の構築を支援したことを発表しました。

今回アクセンチュアが支援したプロジェクトは、ユニクロをはじめとして国内外で複数のブランド展開を図るファーストリテイリング グループが掲げる「FAST RETAILING WAY」の理念のもと、「Group One/Global One」「全員経営」の実現に向け、グループを横断した一つの企業体として経営管理の高度化を図ることを目的とした「G1プロジェクト」です。

アクセンチュアでは2009年4月より、ファーストリテイリングにおけるグローバル・グループ経営管理基盤構築に向けた要件定義活動を開始し、2010年9月に、グローバル4カ国での稼働が開始されました。構築にあたっては日本・アジアおよび、米州、欧州の現地アクセンチュアの社員が連携してサポートすることで、各国で異なる税制や法制度への迅速な対応を実施し、グローバル同時稼動を実現させました。現在、更なるグローバル展開を目指して構築を進めています。

グローバルで拡大を続けるファーストリテイリングのビジネスを迅速かつ柔軟に支える企業ITを実現する鍵となったのは、次の3点です。

1)クラウドを最大限に活用
ビジネスニーズに迅速に応えるためにインフラ、メールやポータル、フロント業務の共通機能を含むITシステム全体を標準化、サービス化しました。そのうち、経費精算申請、支払申請や稟議申請といった、フロント業務機能は、セールスフォース・ドットコム社のクラウドコンピューティングプラットフォームである「Force.com」上で構築しました。このシステムは「Oracle E-Business Suite」、「Oracle Hyperion Financial Management」とシームレスに連携し、一連の標準化されたグローバルオペレーションを統合プラットフォーム上で実現しています。

2)ESBベースでインテグレーションハブを実装
レガシーシステムと新システムが混在している全社システムにおいて、順次更改の過渡期対応、および将来のM&A等によるビジネス拡大に応じた、外部システム連携の迅速性を担保するため、インテグレーションハブ基盤をESB(エンタープライズ・サービス・バス)上に実装し、マスターコードならびに勘定科目体系の違いを吸収しました。

3)「Oracle Exadata Version 2」上に「Oracle E- Business Suite」を構築
グローバルオペレーションを支えるインフラとして、24時間365日稼動のシステムを実現するため、膨大な情報処理を可能とするオラクル社の「Oracle Exadata Version 2」上に、業務基幹システムである「Oracle E-Business Suite」を構築しました。なお管理会計・予算管理領域では、同じくオラクル社の「Oracle Hyperion Financial Management」を採用しました。

ファーストリテイリング グループ執行役員樋田 真(とよだ まこと)氏は、次のように述べています。「ファーストリテイリングが掲げる「グローバルワン・全員経営」を実現させるには、業界に関して深い知見を有しているのみならず、経営管理領域における企画・設計からシステム構築、業務運用に至るまでの高度なデリバリー能力と、グローバルレベルで迅速な展開を可能とする、スピードを持ったパートナーが必要でした。アクセンチュアは、まさしく当社が求めていた要件に合致したパートナーであり、アクセンチュアの支援なくしては、ここまで迅速かつ確実なプロジェクトの立ち上げには至らなかったでしょう。」

ファーストリテイリングでは、「G1プロジェクト」の成功を踏まえて、さらに高度な経営管理を目指すべく、商品管理やデータウェアハウス、さらには販売・サービス領域や生産・物流管理におけるグローバル経営管理基盤の構築を、アクセンチュアと共に推進することを予定しています。

(以下原文)

Accenture Supports Global Business Transformation Program at Fast Retailing

TOKYO; Dec. 21, 2010 - Accenture (NYSE: ACN) announced today that it has supported the successful delivery of an information technology (IT) transformation program at Fast Retailing Co., Ltd. The improved IT infrastructure will help Fast Retailing strengthen its management processes through enhanced visibility across its global enterprise, and more efficient and standardized business processes. The new technology will also help Fast Retailing to achieve its plans for rapid global business development.

The “G1 Project”, on which Fast Retailing Group and Accenture have collaborated, is in support of the retailer’s “FAST RETAILING WAY” strategy of developing multiple brands, such as Uniqlo, both in Japan and internationally. The project aims to improve business processes across both function and geography, in order to achieve the Group’s goals of “Group One / Global One” and “management by all.”

In April 2009, Accenture developed the structure and approach for the IT transformation at Fast Retailing, and in September 2010, the resulting system started operation in four countries. During the system development, Accenture teams in Japan, Asia, North America and Europe worked closely to mitigate the challenges created by legal or tax variations between different geographies.

Below are the three key factors to establishing a corporate IT structure that flexibly and swiftly supports Fast Retailing’s business that continues to expand globally.

1) Use of cloud infrastructure
Accenture moved a number of Fast Retailing’s front-end functions, such as mail, portals, and common functions to a cloud environment in order to quickly adapt to business needs. Activities such as expense claims and payment requests were configured on Salesforce.com’s Force.com platform. This has been integrated seamlessly with Oracle E-Business Suite and Oracle Hyperion Financial Management.

2) ESB-based integration hub
Accenture provided an integration hub infrastructure on an ESB (Enterprise Service Bus), absorbing differences in master code and accounting practices in the overall system, which included both legacy systems and new systems. This ensured prompt connectivity with external systems, enabling step-by-step improvement during the transition period and support for business growth through future M&A.

3) Oracle E-Business Suite configured on Oracle Exadata Version 2
The enterprise backbone system Oracle E-Business Suite was configured on Oracle Exadata Version 2, which makes it possible to process huge volumes of information and supports global operations that run 24 hours a day, 365 days a year. Additionally, Oracle Hyperion Financial Management was rolled out for management accounting and budget control.

Says Makoto Toyoda, Group Executive Director, Fast Retailing: “To implement the globally unified, company-wide management concept adopted by Fast Retailing, we needed a provider possessing not only a detailed knowledge of the industry, but also advanced delivery capabilities in the management accounting field, from planning and design to system integration and operation. We also needed our provider to be speedy, so as to enable rapid development at the global level. Accenture is a provider that truly meets our requirements. Without support from Accenture, we would probably not have been able to get this project off the ground so quickly and reliably.”

Following the success of Fast Retailing’s G1 Project, the company plans to work with Accenture on the development of a global IT transformation for the retailer’s merchandise management, data warehousing, sales and services, and production and logistics management, in order to further enhance business processes across its operations.

About Accenture
Accenture is a global management consulting, technology services and outsourcing company, with approximately 211,000 people serving clients in more than 120 countries. Combining unparalleled experience, comprehensive capabilities across all industries and business functions, and extensive research on the world’s most successful companies, Accenture collaborates with clients to help them become high-performance businesses and governments. The company generated net revenues of US$21.6 billion for the fiscal year ended Aug. 31, 2010. Its home page is www.accenture.com.

Contact
Matt Samuel
Accenture
e. matt.samuel@accenture.com
t. +44 (0) 207 844 2055

問い合わせ先

アクセンチュア株式会社

神田 健太郎

マーケティング・コミュニケーション部

045-330-7157

アクセンチュア株式会社について
アクセンチュアは、経営コンサルティングテクノロジー・サービスアウトソーシング・サービスを提供するグローバル企業です。およそ21万1千人の社員を擁し、世界120カ国以上のお客様にサービスを提供しています。豊富な経験、あらゆる業界や業務に対応できる能力、世界で最も成功を収めている企業に関する広範囲におよぶリサーチなどの強みを活かし、民間企業や官公庁のお客様がより高いビジネス・パフォーマンスを達成できるよう、その実現に向けてお客様とともに取り組んでいます。2010年8月31日を期末とする2010年会計年度の売上高は、約216億USドルでした(2001年7月19日NYSE上場、略号:ACN)。
アクセンチュアの詳細はwww.accenture.comを、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jpをご覧ください。