Skip to main content Skip to Footer

CORPORATE CITIZENSHIP


環境

アクセンチュアとそのステークホルダーのために持続可能な経済成長を促進することは、アクセンチュアの環境戦略の根幹です。

概要

持続可能な経済成長を促進することは、世界中の人々の働き方や暮らしを向上させるという私たちのビジョンの中で最も重要な位置を占めています。アクセンチュアの環境戦略は、「効率的な事業運営」、「お客様とサプライヤーのサステナビリティ実現」、「社員やパートナーの環境意識の向上」という3つの分野から成り立っています。アクセンチュアが2020年およびその先に向けて高い目標を掲げて企業活動を展開する中で、この環境戦略が羅針盤の役割を果たしているのです。

経営の効率化や持続可能な働き方に向けた取り組みにより、アクセンチュアの二酸化炭素排出量は減り続け、削減目標を達成しています。2016会計年度の社員1人当たりの二酸化炭素排出量は、2007年度比で47%減少しました。

2020会計年度末までには、社員1人当たりの二酸化炭素排出量を平均して2トンまで削減する予定です。これは2007年度比で50%以上の削減となります。さらにお客様やサプライヤーとの協働作業を進める中で、サステナビリティの主要分野においてどれだけの環境負荷が生じているかの測定や報告も開始する予定です。


WHAT’S NEW

アクセンチュア、「コーポレート・シチズンシップ・レポート2016」を発表

アクセンチュアは、「コーポレート・シチズンシップ・レポート2016 (英語)」の中で、環境への取組目標や、進捗状況などについて報告しています。




環境に関するレポート(『コーポレート・シチズンシップ・レポート2016』からの抜粋)

PDFダウンロード

OUR APPROACH

気候変動と環境におけるサステナビリティは、アクセンチュアとそのステークホルダーにとって課題でありチャンスでもあります。これらの問題に対処するため、私たちは主要な環境への取り組みをビジネス戦略や事業運営に積極的に取り入れ、社員およびお客様、サプライヤーなど全てのステークホルダーが環境を意識し、責任を持って行動していくことを約束します。

エネルギーに制約があり二酸化炭素排出量を抑えなければならない世界において、アクセンチュアは企業活動による環境への影響をできる限り抑える必要があると従来から考えていました。一企業として二酸化炭素排出量の定量化を初めて行った2007 年以降、私たちの環境への取り組みは進化を重ね拡大を続けてきました。

環境スチュワードシップは、アクセンチュアのビジネス倫理規範およびコアバリューの1つであるスチュワードシップに深く根付いています。Environment Steering Group(ESG)が2007年に策定、2017年に改訂し、毎年見直しを実施する環境責任に関するポリシーにも反映されています。

詳細は、「環境に関するレポート(『コーポレート・シチズンシップ・レポート2016』からの抜粋)」をご覧ください。

効率的な事業運営

持続可能な働き方

お客様のサステナビリティ実現

アクセンチュアの2020環境目標は、私たちの環境責任ポリシーに沿ってお客様のサステナビリティを実現するための私たちの取り組みによる影響について進捗報告することです。これを受けて、2016会計年度にアクセンチュアは二酸化炭素排出量削減の可能性が最も高いお客様の主要サービスを特定し、お客様プロジェクトで測定アプローチを実際にパイロット導入し、アプローチの工業化をスタートさせました。クライアント・カーボン・セービング・プログラムは私たちの環境戦略の重要なコンポーネントであり、市場でアクセンチュアを差別化する要素でもあります。

詳細は、「環境に関するレポート(『コーポレート・シチズンシップ・レポート2014』からの抜粋)」をご覧ください。

サステナビリティを高める知見