Skip to main content Skip to Footer

アクセンチュア・クラウド・プラットフォーム――真のクラウド・アジリティの解放

アクセンチュア・クラウド・プラットフォームは今日における最先端のエンタープライズ向けクラウド・ソリューションです。

概要

エンタープライズ・ハイブリッド・クラウド時代の到来
クラウドベースのITインフラ・サービスの利用は、今やデジタル・ビジネスを遂行する上で欠かせないものとなっています。

しかし、クラウド導入には魅力を感じながらも移行に伴うリスクへの懸念、レガシーアプリケーションやシステムをクラウド上で動作させることへの不安などから、実行をためらう企業も少なくありません。とりわけ、十分なセキュリティの確保や監査への適合性に対する懸念が大きく、また特定のクラウド・ベンダーによるロックインもCIO(最高情報責任者)が移行を決断できない要因となっています。

このような状況の中、アクセンチュアは企業のプライベート・クラウドとパブリック・クラウドを統合し、セキュアかつ一元管理が可能なエンタープライズ向けクラウドサービスを企業へ提供するとともに、これらクラウド環境への移行を支援します。

ガバナンスと管理に支えられるクラウド利用の加速
アクセンチュア・クラウド・プラットフォームでは、複雑なハイブリッド型クラウド環境の管理とオーケストレーション(自動制御)を容易かつ確実に行うことができます。

アクセンチュア・クラウド・プラットフォームはベンダー中立型のマネージドサービスで、効率的な管理と監視を維持しながら、プライベートおよびパブリックのクラウドサービスへの透過的なアクセスを実現します。アクセンチュア・クラウド・プラットフォームを通して企業は、Amazon Web Services、Microsoft Windows Azure、NTTコミュニケーションズ、ベライゾン・クラウド(Verizon Cloud)といった世界の主要クラウドサービスプロバイダーが提供するクラウドサービスを利用できます。また、アクセンチュアが自ら提供するアクセンチュア・プライベート・クラウドや、各企業が保有する既存プライベート・クラウドとの連携に必要な機能も提供しています。

アクセンチュア・クラウド・プラットフォームの管理ダッシュボードは、複数のクラウド・ソリューションを集約、管理し、統制することができると共に自動制御を可能とします。これにより、プライベート・クラウドとパブリック・クラウドを融合した環境の下、ワークロードの管理を一元的にオンデマンドで、容易かつ安全に行うことができます。

提供サービス

充実したクラウド管理機能を備えたアクセンチュア・クラウド・プラットフォーム

  • マネージドサービス・モデル
    アクセンチュア・クラウド・プラットフォームは、使用量に応じて課金される、自動化されたセルフサービス・モデルです。これにより、企業や組織のニーズに適した一連のクラウド管理機能を柔軟に使用することができます。

  • プライベート、パブリックの両プラットフォームに対応
    アクセンチュア・クラウド・プラットフォーム上では、Open Stack、VMware vCloud Suiteなどで構築されたオンプレミス型プライベート・クラウド・ソリューションの管理が可能です。また、一つのプラットフォームに統合されているため、Amazon Web Services、Microsoft Windows Azure、NTTコミュニケーションズ、アクセンチュア・プライベート・クラウド(Accenture Private Cloud)をはじめとする様々なプロバイダーからサービスを利用することができます。

  • カスタマイズされたクラウド環境
    アクセンチュア・クラウド・プラットフォームのディスカバリー・エンジンと公開アプリケーション・プログラミング・インターフェイス(API)により、サービスへのアクセスは3つの手段で可能です。すなわち(1)アクセンチュア・クラウド・プラットフォームのポータルを経由する、(2)アプリケーションから直接アクセスする、(3)クラウド・プロバイダーのネイティブ・コンソールを経由するという3つです。

    このサービス・モデルにより、柔軟性のある統合オプションが提供され、クラウド・ベンダーの新規サービスや革新的な機能をすぐに活用することができ、より迅速な価値の創出が期待できます。

  • アプリケーションとプラットフォーム設計
    アクセンチュア・クラウド・プラットフォームは、クラウド環境でアプリケーションを効率的に構築、展開するための重要な機能を備えています。当プラッフォームの自動化されたセルフサービス・ブループリンティングによって、サーバー、ソフトウェア、ストレージ、ネットワーク、OSイメージ、ファイアウォールといった構成情報などを用い、あらゆるプロバイダーのクラウドサービスを統合した管理とプロビジョニングを一元的に行うことができます。

  • 強固なセキュリティとコンプライアンス・リスクの低減
    アクセンチュア・クラウド・プラットフォームは、パッチ適応、バックアップ、モニタリングなどのセキュリティ管理サービスを提供します。また、企業のディレクト情報として蓄えられている役割や権限情報に応じたアクセス権限を付与した上で、ネットワーク、システムサイズ、OSイメージなどに関するポリシーの設定が可能です。

  • エンタープライズ・レベルのガバナンスに対応する監視機能
    単一のマルチ・クラウド・ダッシュボードにより、複数のプライベート・クラウドとパブリック・クラウドにおけるサービスの使用状況や配備状況を集中モニタリングすることができます。リクエストに対するワンストップ・プラットフォームとして、アクセンチュア・クラウド・プラットフォームは、ポリシー管理と認証ワークフロー統制、さらに請求書発行、チャージバック、コスト分析機能も備えています。このような機能を活用することで、企業管理やクラウドサービスの利用拡大が容易になります。

アクセンチュアの特長

アクセンチュアは、クラウド導入の際の設計、実装、管理に必須となる専門知識に加え、クラウド・プロバイダー各社から独立した立場で構築しているエコシステムと、それぞれの業界に関する深い専門的知見を用いて、お客さまがクラウドを活用してITとビジネスの迅速性を実現できるよう、クラウドと既存システムが共存して高い生産性を達成するハイブリッド環境への移行を支援します。

  • 750を超える拠点でアクセンチュア・クラウド・プラットフォームが活用されており、多様なクラウド・ベンダー・プラットフォームの橋渡し役としてお客様のハイブリッド型クラウド環境の統合と管理に貢献しています。アクセンチュアが管理している仮想マシンは12,000台を超えています。

  • アクセンチュアがこれまでに手掛けたクラウド・プロジェクトは約8,000件にのぼります。これらはFortune Global 100掲載企業のうち約75%におよぶ企業に対して提供したクラウドサービスの実績も含みます。さらに、クラウドに精通する14,000人以上の専門技術者を擁しています。

  • アクセンチュアは自社を中核とした大規模なクラウド・エコシステムを構築しており、それらのサービスをアクセンチュアが独自に作り込むことで、お客さまのニーズに合わせた最適な構成の(Best of Breed)ソリューションを提供することができます。

  • クラウドがそれぞれの業界に与えるインパクトについての明確な視点を持っており、その知見に基づいたサービスを構築しています。

  • アクセンチュア・クラウド・プラットフォームのデータセンターは、世界6大陸にわたり展開しており、グローバル共通化された高度な専門性を備えた技術者が支援します。

成功事例

「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」プロジェクトを下支えするアクセンチュア・クラウド・プラットフォーム
アクセンチュアは、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)と協業して、日本を訪れる旅行者へ、無償Wi-Fiサービスの提供するのと同時に、そのアクセスポイント経由で生成される位置情報を基にスマートデバイスに旅行・観光に役立つお薦め情報を配信するシステムを構築しました。

全国20万カ所以上にあるWi2のWi-Fiアクセスポイントから生成される、匿名化されたリアルタイムの位置情報データ量は膨大で、かつ利用者数に応じて変動します。この大規模なデータセットの処理を柔軟に対応するために、スケーラブルで自動プロビジョニングが可能なアクセンチュア・クラウド・プラットフォームが活用されています。


全文をPDFで読む「Wi2:アナリティクスと顧客インサイトの実現――アクセンチュア クラウド プラットフォーム上でアマゾン ウェブ サービスを活用」 (PDF, 162KB)