Skip to main content Skip to Footer

採用案内


エンジニア TOPメッセージ

目指すのは“数億円規模のプロジェクト統括”ですか? “グローバルチームのリーダー”ですか? “専門領域の第一人者”ですか?エンジニア・キャリアのあらゆる可能性が社内にあります。

概要

大川 秋生
テクノロジーコンサルティング本部
ITソリューション統括
マネジング・ディレクター

大学は文系でした。卒業後、アクセンチュアの前身の会社に入社。最初はまったく分からないところからエンジニアとしての経験を積み、その後いわゆるプロジェクトマネージメントをやらせて貰いました。その後アウトソーシングの大規模な案件をやるという機会に恵まれ、SIの仕事、プロジェクト管理の仕事、アウトソーシングの仕事を経て、今エンジニア部門のリーダーを担当しています。

エンジニアが成長できる環境について教えてください。

アクセンチュアがお客様に提供しているサービスは何かというと、”変化”です。現在利用しているプロダクトは段々枯れていき、より上位の技術、より進んだ技術というのが出てきます。エンジニアもより新しいものを追いかけていかなければならない。それは今までのものをベースとはしているけれども捨てていかなければならないということ。これがチャレンジでもありチェンジでもあります。その際に、トレーニングとか、新しいことを熟知している人達とチームを組むなどの支援をします。

具体的には、クラウドファクトリーを北海道に作ったときに、弊社のなかで最も進んだクラウド技術を持っていたのがインドでした。そこで、インドのメンバーを北海道に呼び寄せて三ヶ月間ぐらい一緒にチームを作って仕事をしました。

これは何もクラウドに限ったことではなくて、アンドロイドみたいな携帯端末とか、あるいはアナリティクスなどの新しい技術を様々な場所から輸入してきて共有するというのを進めています。ですから、新しいことにチャレンジしたい、それで自分を変えていきたい、というエンジニアの皆さんにとっては自分の持っているスキルも活かせるし、新しい領域にチャレンジしていくという環境が非常に整備されていると思います。

グローバルでの仕事について。

アクセンチュアという会社はグローバルで仕事をしております。今は37.5万人という社員がいて、その内の1/3から半分近くはエンジニアが占めています。今まで日本は世界第二の経済大国で、しかも日本という島国で、日本語があるとか、日本の商慣習があるとかで非常に参入障壁の高い中でビジネスをやっていればよかった。これはITに限らずほとんどの産業でそうだったわけです。それが否応無く日本の相対的な地位が下がり、日本が外に出ていく、あるいは外のものを輸入してくるということをやっていかないと生きていけない。その中で我々日本人がどうやって成長していかなければいけないかということ。これはエンジニアに対しても同じことが言えます。

これからキャリアを考える皆さんへのメッセージをお願いします。

アクセンチュアを目指されている皆さん、我々は次のような皆さんをお待ちしています。

一番目に、変化に対して楽しんで仕事が出来る人。我々はお客様にも変化を促しますし、我々自身も変化をしていきます。そういった変化を楽しんで、喜んで、前向きに出来る人。

二番目に、我々は非常に多様性に富んだチームを作っています。世界中の人達とコラボレーションをします。日本の中にも、経験者の人も、新卒で入った人も、男性も女性もいます。そういった皆さんとチームをつくって一緒に仕事が出来る。そこに喜びを感じる。そういった人にぜひ一緒に働いてもらいたい。

そして最後に、アクセンチュアと一緒に成長したい、自分自身がもっと飛躍したい、そういう風に思っている人、ぜひ我々と一緒に成長していきましょう。

最新の募集ポジション

現在日本で募集中の全ポジションをご確認いただけます。また、下部の検索ボックスよりキーワードで検索いただくことも可能です。

求人を検索する

検索 を開始: ポジション名、スキル、これまでのご経験や希望勤務地を入力

最新情報を受け取る

アクセンチュアのタレント・コネクションに登録すると、ジョブ・アラート機能で最新の空きポジション情報を受取ったり、キャリア・ブログを読むことができます。